« 六星占術に思うことその壱.壱(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.参(失恋・・・) »

六星占術に思うことその壱.弐(失恋・・・)

 前回の壱.壱では、六星占術との出会いをざっと書くのみになってしまった。今回は僕と、元かのの相性占いなどをしてみたいと思う。まず二人の占命盤を載せた。

僕(天王星人+)
rokusei/tennou

彼女(土星人-)
rokusei/dosei

 今年のそれぞれの年運は、僕が「立花」、彼女が「財成」となる(平成16年の所を参照)。「立花」は、物事を成就させ、それからの人生の方向性を決定づける運気。その他は、月運などの運気を強める作用がある、とあった。
 彼女の「財成」は、お金を稼ぐのに適した時期。何もしなくてもお金が入ってくる。そして・・・、大切な人との別れ目を生じさせることがある、と・・・。僕の「立花」が、彼女の「財成」の運気を強め、別れを生じさせたのだろうか。
 次に月運を見ていきたい。僕たちが別れたのは4月で、それぞれの月運をみると僕は「停止」、彼女は「健弱」である。「陰影」「停止」「減退」は大殺界と言われ、とても悪い運気であると説かれている。詳しいことは参考文献を参照されたい。「健弱」は小殺界で、大殺界よりも悪くはないが、良いとも言えない運気であろう。以上に月運の事をあげてみたが、確かに僕は3月(陰影」)、4月(停止)、5月(減退)の時は体の調子が悪く、神経痛が発生したり、バイクで事故にあっていたりした。彼女も4月(健弱)は、風邪がなかなか治らなかったり、生理不順になっていたりした。占いに無理やり当てはめて考えているだけでは?という意見もあろうが、この記事は六星占術の運気を中心に考えたいので、ご了承願いたい。
 別れの際に彼女は、誕生日のプレゼントが僕にいやがられた事や、結婚してと言ったのにそれを否定された事などを原因としてあげていた。その僕がしてしまった行動をいつやったかと思い出すと、1月であることがわかった。再び僕の占命盤を見ると、1月は「財成」となっている。先ほどあげたように、「財成」はお金がもうかると同時に、大切な人との別れ目も生じさせてしまうとあった。確かにお金は儲かった・・・(株でもうけた)。しかし僕はそのような言動で、自ら「別れ目」を発生させてしまったのだろう。その時期は六星占術の知識はないので、防ぎようがなかったのは言うまでもない。
 この記事を読んでいて、六星占術の知識があり、彼女・彼と別れたくない人は、「財成」の運気には気をつけてください、と言いたい。この前飲み屋で、見知らぬ女の人を占った事があった。本人から頼まれたのだが。その人も「財成」で別れたようだった。しかし、その別れた彼とは復縁し、今度結婚することになったようだ。ここからは参考文献には書いていないことで僕の意見だが、「財成」で別れたカップルは、後悔が残り、復縁の可能性が高いのではと思った。六星占術の相性診断は、カップルの関係だけでなく、友達との間も占えるとある。前に大げんかした友達がいて、その人の年運は「財成」だった。しばらく連絡をしていなかったが、あるきっかけでまた連絡を取り合うようになり、今ではまだ前のような友達に戻れた。
 占いで人生のすべてがわかるとは思えない。しかし、上記の様な結果を考えると、運命の不思議を考えてやまない。


 参考文献

 細木数子、2004、六星占術 宿命大殺界 第30版、日本文芸社
 細木和子、2003、新★自分を生かす相性・殺す相性 第18版、KKベストセラーズ


|

« 六星占術に思うことその壱.壱(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.参(失恋・・・) »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
面白いですね、占星術。

落ち込んだときに細木先生に
見てほしいと思ったことあるので
なんだか、お気持ちがわかる気がします

よかったら、ゆかりのも調べてください

投稿: ゆかりん | 2004年7月30日 午前 12時07分

 ゆかりんさん、初めまして♪。
 僕もすごく落ち込んでいて、細木先生の本を読んだわけです。何かに救いを求めたかったのかもしれません。
 何かお悩みがあるのですか?。

投稿: 竪琴の弾けない吟遊詩人 | 2004年7月30日 午前 08時36分

こんにちは☆はじめまして。
私も土星人(-)です。今年大事な人が亡くなりました。
これって財成だからなのでしょうか???
ちなみに彼は健弱でした。
ただの別れなら元に戻ることもできるでしょう。
占いに翻弄されず生きていきたいですね。
占いによると今年を逃すと一生独身らしいので…(笑)
ありえそうで怖いですけどね(--;)
今年別れがあり、今年中に出会え!って…難しいです。

投稿: 半分信じ半分信じない | 2004年9月 5日 午後 01時41分

 そうですが、大切な人が亡くなられたのですが。辛いですね。財成だから・・・とは言い切れませんが。僕のお母さんも今年「財成」なのですが、親しい友達が死んだようです。まあ占いですから、絶対と言うことはないと思います。確かに翻弄されてはだめですよね ( 'д⊂ヽ゛。
 今年別れたのですか?。でも、まだ三ヶ月ありますよ!。でも土星人はこれから大殺界が待っているのですね・・・。
 さっきも書きましたが、占いは絶対じゃないと思います。未来は決まっていないと思いますよ。

投稿: 竪琴の弾けない吟遊詩人 | 2004年9月 6日 午後 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/1077669

この記事へのトラックバック一覧です: 六星占術に思うことその壱.弐(失恋・・・):

« 六星占術に思うことその壱.壱(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.参(失恋・・・) »