« 六星占術に思うことその壱.弐(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.四(失恋・・・) »

六星占術に思うことその壱.参(失恋・・・)

 今回は六星占術で僕と、元かの相性を見ていきたいと思う。また前回と同じように二人の占命盤を載せる。

僕(天王星人+)
rokusei/tennou

彼女(土星人-)
rokusei/dosei

 六星占術では、1)運命星同士の相性、2)生まれつき定まっている相性(地運)、3)年々変化していく相性(天運)の三つが占えるとしている。それぞれの項目を順に見ていきたい。

 1 運命星同士の相性について
 細木氏によれば天王星人は、「とても愛情が深く、快楽主義的な傾向がある。ときに非常にわがままで気まぐれに振る舞うことがある」(細木、2003、p165)と述べている。一方土星人に関しては、「けじめをはっきりつけなければ気がすまない、責任感の強いタイプ。」(細木、2003、p165)と述べられている。要約すれば、ルーズで感情に多く左右される天応星人と、理性とプライドを重視する土星人となるであろう。この二つの星は、全く対局の関係にある運命に支配されている訳である。運命盤を見ても、天王星の反対側に土星が位置している事からも、そのことが伺える。
 この運命星に支配されているカップルは、お互いを理解し合えるまでに時間がかかり、助走期間をおけば最高の相性になる。助走期間とは三年から五年で、その間に相手との壁を乗り越えられぬまま別れていくのが三分の二、残りの三分の一は壁を乗り越え愛を育てて行くことができると述べられている。
 僕と彼女は、三分の一の方に入ってしまったわけだ。僕たちが付き合った期間は二年半だが、もう少し付き合っていれば、本当の相手の良さを理解できる関係になっていけたのではないかと悔やまれる。この記事を読んでいる方で、天王星人と土星人のカップルがいたならば、お互いを理解できるまでに時間がかかることを頭に置いて、三分の一の最高の相性を手に入れてほしいと思う。

 2 生まれつき定まっている相性(地運)
 次に地運を見ていきたい。地運は相手との干支から相性を判断する。僕の干支は「寅」で、彼女は「酉」である。それぞれの占命盤を参照すると、僕の天王星の「酉」を見ると「健弱」となっている。続けて彼女の占命盤の「寅」をみると、「緑生」となっていることがわかる。これは、彼女(酉)は僕にとって「健弱」を与える人ということになる。反対に僕(寅)は彼女に、「緑生」と言う運気を与える事を示している。それぞれの意味を概説すると、「健弱」は、小殺界で健康面、経済面に問題が起きやすい。愛情に関しては、無理な押しはやめ距離を置く事が必要とある。「緑生」とは、運気が動き始め、愛情運、財成運、仕事運共に上昇する。しかし、芽吹いたばかりの草木の様なので、慎重に行動しないとその目を折ってしまう結果になると書かれている。
 これらをふまえて、僕と彼女に当てはめて考えていきたい。まず彼女にとって僕は、良い相性の相手であると考えられる。よく彼女が、一緒にいて楽しいとか、幸せであるとか言っていたことが思い出される。また一緒にいると、安らいで、眠くなるとよく言っていた。退屈だったんではないか?・・・と言われると元も子もないが、安心できる相手だったと考えられる。一方僕は、確かに幸せではあったが、付き合ってから坐骨神経痛が発生したり、目をものもらいになったり、バイクの事故にあったり、事故のあとすぐに腰をいためて半年間休業していた、などの事が起こった。これらの事は付き合ってから半年以内に起きていて、今まで生きてきてこれほどの災難が降りかかったことは始めてであった。その間彼女は、病気と言えば風邪くらいで、ほとんどにおいて元気であった。怪我とは関係ないが、彼女の家に行くときに、車をいたずらされたり、バイクで向かうときはスピードで捕まっていたりした。そのような事があっても、僕は彼女をずっと好きでいた訳であるが・・・。前回も書いたが、六星占術を知ったのは彼女と別れてからなので、このような事が相性の影響で起こったと言う可能性を、知るよしもなかったわけだ。
 
 以上の事はあくまでも六星占術を中心に解釈した物で、実際に占術通りに起きた現象なのかはわからない。しかし僕たちの間にはこのような事が起きた、ということを伝えたかっただけである。
 
もう一つ、3)年々変化していく相性(天運)が残されているが、それはまた次回に考察したいと思う。


 参考文献

 細木和子、2003、新★自分を生かす相性・殺す相性 第18版、KKベストセラーズ

|

« 六星占術に思うことその壱.弐(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.四(失恋・・・) »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

書き込み失礼しますm(__)m私も天王星人で相手は土星人です。ただ私はまだ片思いです。最近は向こうに彼女ができ自信をなくしていました。でもこのコメントを見て本気で頑張ろうて絶対もう一度私に振り向いてもらえるまで諦めないと思い直しました。あなたに感謝しています。本当にありがとう。

投稿: モモカ | 2008年3月15日 午前 08時11分

モモカさんへ
コメントありがとうhappy01。僕も失恋したときは辛かったですweep
しかし、止まない雨はありません。頑張ってください!。

投稿: 管理人です | 2008年3月15日 午前 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/1085793

この記事へのトラックバック一覧です: 六星占術に思うことその壱.参(失恋・・・):

« 六星占術に思うことその壱.弐(失恋・・・) | トップページ | 六星占術に思うことその壱.四(失恋・・・) »