« 六星占術に思うこと(失恋・・・) | トップページ | 最後の手紙の、ある言葉、その壱 »

「前世療法」と言う本を読んで、その壱

 ブライアン・ワイス博士の「前世療法」という本を読んで、いくつか感動した言葉が載っていた。それをいくつか紹介したいと思う。

 詩人マスターの言葉

 大切な事は忍耐とタイミングだ…。
 すべての事には時がある。人生をあせってはならぬ。
 人生は多くの人が期待するように、うまく予定通りに行くことはない。
 したがって、人はその時々にやって来るものを受け入れ、それ以上を望まない方がよいのだ。
 新たに生まれるということも本当はないのだ。
 ただ異なるいくつもの場面を通りすぎてゆくだけなのだ。
 終わりというものはない。人間は沢山の次元を持っている。
 時間というものは人が認識しているようなものではない。
 答えは、学びの中にある。
  時がきたれば、すべての事が、汝には明らかになろう。
 しかし今は、我々が汝に与えた知識を完全に消化する時間が必要なのだ。
 (ブライアン・L・ワイス、1996、p126)
 

 詩人マスターと書いた。マスターとは非常にレベルの高い霊の事で、、それをワイス博士はマスターと呼んでいる。詩人マスターの他にも、マスターたちは大勢いるらしい。マスターたちは、我々の人生における学びを、サポートしてくれているという。博士はマスターたちの名言を、著書の中でいくつかあげている。これから、これらの名言を紹介していきたいと思う。
 詳しくは参考文献をご覧下さい。

 参考文献
ブライアン・L・ワイス、1996、前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘、PHP研究所

|

« 六星占術に思うこと(失恋・・・) | トップページ | 最後の手紙の、ある言葉、その壱 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/1539717

この記事へのトラックバック一覧です: 「前世療法」と言う本を読んで、その壱:

« 六星占術に思うこと(失恋・・・) | トップページ | 最後の手紙の、ある言葉、その壱 »