« 2004年10月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

名前

yakisoba

 昼休みに、焼きそばパンを買った。この前「せかちゅう」のDVDを見たからかも知れない。コンビニのパンの棚を見ていて、ふと僕に訴えかけているパンが焼きそばパンだった。写真の載せたのがそのパンであるが、それは昼休みにおいしく頂いた ( ̄ー ̄)。
 「世界の中心で愛をさけぶ」(せかちゅう)を初めて見たのは、去年の五月頃だったか。別れた直後だった事は覚えている。その映画の中で好きな台詞がある。しげじいが「残された者にできるのは、後片付けだけなんだよ」と言う。彼女と別れて、部屋には元彼女の残していった、本、CDなどたくさんあった。傷心に浸っていたときは、その荷物をどうするか、そんなことを考える事も出来なかった。いつか復縁出来るのでは、とまで考えていた。
 それから二ヶ月くらい経って、友達から元彼女に彼氏が出来たらしいと聞いた。正直辛かったが、それが与えられた試練ならば受け入れるしかない。もう元彼女は帰ってこない。後かたづけしようと自然と思った。荷物と気持ちと。
 荷物などを送ってしばらく経ち、気持ちの整理もできた。その頃はもう元彼女の事はあまり思い出さないようになっていた。僕にも好きな人が出来ていたからかもしれない。そんなとき「せかちゅう」をまた見る機会があった。一回目に見たときは涙など出なかったが、二回目は涙が溢れた。僕なりの後片付けの事を思い出したのかもしれない。
 半年後出会った人、その人はその別れた彼女と同じ名前だった。その子の名前を初めて聞いたとき、少し運命を感じてしまった。同じ名の人をまた好きになり、忘れようとしていた名前を、また呼ぶときが来た。今は元彼女の事など何とも思っていない。しかし、せめて違う名前の人と巡り合わせてくれたらと思い、神様はいじわるだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香水

 「『鬱』から『躁』な日曜日」書いたように、僕には今好きな人がいる。でも、その人には彼氏がいる。彼女とデートして、手をつないで、キスを何度もしようが、彼氏がいることに変わりはない。前に、彼氏がいると聞いたとき、それでも彼女と会いたいと思った。彼氏がいてもいい、また会いたかった。何事も引き際が大切だと思う。でも、僕は引かなかった。「付き合ってください・・・」そう言った。クリスマスをちょっと過ぎてしまったが、たった一つの僕の願い事だった。
 この前、一緒に出かけ、家まで送った。街灯に照らされた、薄暗い歩道を歩く。僕は、僕のことを好きか聞いた。彼女は、「好きじゃなかったら、こんなに二人で会ったりしない・・・」と答える。彼女には彼氏がいる。僕は、これから何をしたらいいのだろう、そう思った。「これからどうしよっか?」と聞く。「どうしよっか・・・」彼女は答える。本当はこう聞きたかったのだろう、「彼と別れて、僕と付き合ってもらうためには、何をしたらいいの?」と。
 彼女の家のそばに着いた。無事家まで送ることができたと実感する。でも、ここで帰したら、気持ちも全部彼氏に帰ってしまうしまうのでは、などという不安がよぎる。帰したくないが、無理なことは痛いほど分かっている。街灯はまばらで、さっきの歩道よりさらに薄暗い。でも、彼女を照らしている月明かりは、彼女の唇を確認するのには十分な明るさだった。またキスをした。彼女の全てを奪いたい。でも、何もできない、そう思った。ただ、切なかった。
 彼女がこれからどういう判断をするのかわからない。僕は待つしかできないのかもしれない。そっと抱き寄せた時、彼女の首から香水の匂いがしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六星占術、宿命大殺界、宿命星の概略

 先日から、宿命大殺界の計算アプレットをホームページ上に載せている。しかし、そのアプレットは、宿命星の概略を表示することができない。初めて宿命大殺界を見た人にとっては、宿命星の意味がわからないと戸惑うと思う。早いうちに概略を表示できるように改良すればいいのだが、僕に暇な時間がなくなかなか出来そうにない。ので、ブログの記事として、宿命星の概略を載せる事にした。各宿命星の概略は、細木(2003)を引用して書いた。

白照星(p59)
 ・何事もマイペースで進める
 ・独立心が頭をもたげてくる
 ・他人の言うことを聞かない頑固さ
 ・何事につけ要領が悪く不器用さが目立つ
妙雅星(p64)
 ・協調性にすぐれ、和を重んじる
 ・経済力にすぐれる
 ・説明力にあふれた言動で人を引っ張っていく
光美星(p69)
 ・遊ぶこと・怠けることに喜びを感じる
 ・遊び心を活かして仕事に取り組むとうまくいく
 ・食べることには不自由を感じない
 ・健康面で問題が出てきやすい
静雲星(p75)
 ・周囲の人に反発し、ぶつかりやすい
 ・孤独でいたほうが心が休まり、業績をあげる
 ・芸術などにすばらしい感受性を発揮
 ・極端に潔癖になり、妥協ができない
緑水星(p80)
 ・周囲の人たちを引きつける魅力がきわだつ
 ・愛されたいという気持ちが強まる
 ・人の面倒見がよくなる
 ・財運、とくに投資で成功する
大善星(p85)
 ・家庭が安住の地となる
 ・異性とのトラブルを起こしやすい
 ・用心深く・着実に、が成功をつかむ条件
 ・お金がいやというほどたまる時期
風行星(p90)
 ・度胸がすわり、行動もきびきび
 ・目先のことにとらわれ、反省をおこたりがち
 ・一つのことに打ち込むと大ブレークする
 ・変化の連続で、落ち着きとは縁がない
大木星(p96)
 ・集団・組織の中で生きるのが最適
 ・人を指導したり教育したりするのが得意
 ・あくまで理想を追求する妥協知らず
 ・プライドにこだわりすぎタイミングを逸する恐れも
火竹星(p101)
 ・未知のものに対する好奇心が強まる
 ・なんでもいい、とにかく変化を強く望む
 ・安定した場所を離れると一皮むける
 ・恋をしたくてたまらなくなる
香創星(p106)
 ・伝統・古典を重んじる
 ・学ぶことが好きで吸収力も強い
 ・深い愛情を周囲の人に注ぐ
 ・人間関係のコントロールが抜群
 
 各宿命星の概略は以上である。計算は下記のページからどうぞ。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 参考文献

 細木数子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.弐


 一月の上旬に、宿命大殺界の計算アプレットをホームページ上に載せた。そのアプレットに関して、読者の方からご質問があり、調査したところバグがあることが分かった。本日アプレットを更新した。今までこのアプレットで宿命大殺界を計算したことのある方は、また計算を試みてほしい。更新前と結果が異なる場合が考えられるからだ。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 アプレットは上記の、前回と同様のページに載せた。まだ、各節の宿命星を計算することと、宿命大殺界の時期を計算するのみになっている。宿命星の概略を表示するなどの機能は、今少しお待ち下さい。宿命星の意味、宿命大殺界の意味などは、参考文献を参照されたい。

 バグを修正しました。また計算してみてくださいね ('◇')ゞ。

 参考文献

 細木数子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の写真、その壱

2005m4

 僕は趣味で写真を撮るのだが、この花の写真も僕が撮った物だ。家の近くに咲いていた花だが、名前はよくわからない・・・。花は好きで撮るが、名前などは詳しくないのだ。
 最近、中上健次の小説をもらい、それを読んでいる。その本の中に、「夏芙蓉」という花がよく出てくる。本をくれた子は「芙蓉」という花が気になっていたようだ。僕も気になっていたので、ちょっと調べてみた。ネットでその花の写真が出ていたのだが、それを見ると、どこかで見たことが・・・ (´∀`∩) と思った。知らずに写真に撮っている可能性があると思い、今まで撮った写真のポジを片っ端から調べた。そうしたら、あった、撮っていた、何年も前に・・・。しかも家から徒歩一分くらいの場所で・・・。お母さんに「芙蓉」の事を聞くと、確かに家のそばで咲くとのこと。その本をくれた子にお礼もしたかったし、「芙蓉」の花を見せてあげたかったので、そのポジを焼くことにした。いつか写真ではなくて、本当に咲いている「芙蓉」を見せてあげたいと思う。
 と、ながなが書いたが、この記事に載せている花は「芙蓉」とは全く関係がない( ;´∀`)。その子の為に焼くついでに、気に入った写真も焼いたのだ。その写真がこれである。そのうち「芙蓉」の写真も載せたいと思う。

 写真の感想など、コメントをお待ちしています。あと、花の名前がわかる人は教えてください・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬱」から「躁」な日曜日

 タイトルに、「鬱」とか「躁」とか書いたが、僕が「躁鬱病」なわけではない。
 先日、初詣に行って、その後ご飯を食べて、その後散歩をして、その後キスした。それがだいぶ嬉しかったらしく、数日間はその喜びが顔に滲み出ていた。傍目から見てもおかしい人に見えるらしく、「何笑っているの!?」と不思議がられた。今、友達から離婚の相談を受けているのだが、その人の前でもにたにたしてしまい、「何幸せそうな顔してんの!?蹴るわよ(`へ´#)」と脅された。
 そんな幸せな数日を過ごしていて、ふと、その子が日曜日に彼氏と会う、と聞いていたのを思い出した。木曜日練習をしすぎたのか、ふくらはぎの筋肉痛の痛みが増すのと同時に、気持ちも「鬱」になってきた。僕としては、その彼氏との約束をキャンセルして、僕と会ってほしかった。それとなく、「会いたいな・・・」と言ってはいたが、その質問に関する返事はなかった。あまりしつこく言うのも悪いかと思い、もう聞くのは止めた。「やっぱり会えない・・・」という返事を予想していた。何という言葉を返そうか考えていて、「ユーガットメール」のトムハンクスの台詞で、「男は不可能を求める」からと返そうと思いついた。日曜日は、筋肉痛もあるし、家でセンチメンタルな気分に浸りながら、引きこもろうと思っていた。やることはたぶんある。
 いつもより遅い朝ご飯を食べ、友達にメールを送り、布団に寝ころんでいた。ふと携帯を見ると、iモードのマークが点滅し始め、メールを受信した。その子から「午後から会えないかな?」と・・・。神様っているんだなと思った。センチメンタルな気分やら、「鬱」な気分やら、そんなものはどこかへ行ってしまった。さっきまであったはずの、階段を下りるのも辛いくらいだったふくらはぎの痛みも忘れた。「会いたい」、その気持ちにせかされるみたいに、電車に駆け込んだ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎大師で初詣

200501151725M1

 この前、川崎大師で初詣をした。
毎年一人で行っていたのだが、今年は好きな女の子と、二人で行ってみた。前から聞いていたのだが、母が言うには、川崎大師の門(おそらく正門)を、カップルとか夫婦の二人一緒にくぐると、別れるという言い伝えがあるらしい (;・∀・)。いつもは気にせず入っていたが、先に書いたように今年は二人で行ったので、二人で同時にくぐるのはやめておいた。特に好きな人なので、縁がなくなっては困ると思ったのだ。実際に川崎大師に入るときは、先に連れに入ってもらい、その後僕が門をくぐった。
 と、このように書いたが、他の人を見てみると、そんなことを気にしているカップルや、夫婦はいなかった('A`)・・・。母の言っている言い伝えは本当なのだろうか!?。母の話をすると、母は毎年父と参拝している。で、門をくぐるときは、僕のやったように時間差で入りかつ、門の脇を通って入るらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.壱


 細木氏によれば、人の運命は六星占術には運命星だけではなく、その運気の基本となっている、宿命星があるとしています。この宿命星は10年ごとに変化し、10種類の宿命星があるとしている。またその十年のどこかに、宿命大殺界と呼ばれる時期があると述べている。
 この宿命大殺界を計算するのは大変面倒である。このため、これを生年月日の入力で計算する、アプレットの作成を思い立ったのである。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 アプレットは上記のページに載せた。現在のアプレットは、各節の宿命星を計算することと、宿命大殺界の時期を計算するのみになっている。そのうち宿命星の概略を表示するようにしたい。宿命星の意味、宿命大殺界の意味などは、参考文献を参照されたい。

 バグの多いアプレットでしたが、何度か修正を繰り返しまともに動くようになりました( ;´∀`) 。みなさんやってみてくださいね。

 参考文献

 細木和子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2005年2月 »