« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

駆け落ち

 この前友達に彼女の事を相談した。まだ大好きと言っているのに別れるなんて、相当の理由があるに違いない、と友達は言う。確かにそうなのかもしれないが、僕には知るよしもない。一緒にいられない理由とは、彼の事なのか、それとも回りの事なのか。ただ僕が嫌われたのか・・・。いろいろな事が推測される。といろいろ考えたところで、会えない事には変わりなく、その理由も良くはわからない。僕も彼女も、お互いに好きだということは確かだと思う。
 話をしていた場所が喫茶店の様な所だったので、コーヒーを頼んでいた。コーヒーと砂糖とミルクと。前に、かけそばに入れる七味唐辛子みたいなものだったんだ、と書いた。ちょうど目の前にあるコーヒーとそれら付属品たちを使って、僕の立場を説明しようとした。
かき混ぜたコップの中身が、彼女の恋愛だとする。
「彼女はこの大きいコップ。彼女はコーヒーを飲みたいわけ。彼っていう種類のコーヒーを入れる。そのままならブラックで飲める。でも、たまにはミルクを入れて、飲むときもある。そのミルクが僕なんだよ。」とバカみたいな説明をしている僕。
「なるほど、非常によくわかるよ」友達が応える。
「でも、ミルクだけじゃ飲まないでしょ?」ミルクは、小さい容器に入っている使い切りのものだ。ブラック派には必要無い。
「確かに、ミルクだけじゃ飲まないよね。でも、彼女はまだ好きって言っているんでしょ?」友達が言う。
「うん、そういってくれているよ」。そういえば・・・彼女はコーヒーの中に必ずミルクを入れるんだったな('-';)・・・。もし、カフェオレを飲むんだったら、コーヒーと同じくらい、ミルクが必要だしな・・・。と、わけのわからないことを考える。
 それから少し話をしていると友達が突然、「なら、駆け落ちしたら!?」。え('◇';)確かにそれもありかな・・・。それからは、彼女の都合おかいまいなしの完全妄想駆け落ち作戦の話に花を咲かせる。
 その日は終始とりとめのない話をしていた。この文章も何を言いたいのかよくわからない文章だが。でも、彼女の事を人に話せてよかったのか、少し元気になれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.四


 本日、、宿命大殺界の計算アプレットを修正した。今回の修正は、節、何歳運かを計算する所に行った。バグは読者の方からのご指摘により判明した。本当にありがとうございました。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 アプレットは上記の、前回と同様のページに載せた。まだ、各節の宿命星を計算することと、宿命大殺界の時期を計算するのみになっている。宿命星の概略を表示するなどの機能はまだない。各宿命星の概略は下記、

 http://tateminstrel.cocolog-nifty.com/tatehome/2005/01/post_6.html

のページをご覧下さい。宿命大殺界の意味などは、参考文献を参照されたい。

 バグを修正しました。また計算してみてくださいね(`・ω・´;)ゞ。

 参考文献

 細木数子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伝言メモ・その弐

 「本当にごめんなさい」。別れを告げられた、その声すら愛おしく感じる。最後に入っている伝言メモには、そう録音されていた。
 声を聞いていたい・・・。だが、もう彼女は、彼の元に帰っているのだ。削除ボタンを押すのは、何か自分の気持ちに反している様な気がする。携帯を変えることにした。自ら消したくはない。新しい携帯にすれば保存することは出来ないから、消えてしまうのだと理由がつけられる。
 ホワイトデーの日、会うことにした。お返しを買っていたから、それを渡したかったからだ。郵送する事も出来たが、直接渡したかった。家から駅に向かって歩くとき、これほど駅が遠いと感じたことはない。歩けば歩くほど、別れが近づいてくる。エスカレーターを登ってすぐに、彼女はいた。いつもと同じように、あれこれと探す事無く、難なく見つけることができる。
 お返しを渡したら、すぐに帰ろうと思っていた。しかし、彼女は少し一緒に歩きたいと言う。手をつないで歩いた。初めて僕が彼女に好きだと言った場所へ行く。別れの時は、間近だった。二人が始まったその場所で、終わろうとしていた。
 別れ際に彼女は「○○の事大好きなのに・・・だから別れるのは辛い」と言う。好きなら、なぜ別れなければならないのか!?、そう思った。引き止めようとしたが、それは意味がないとわかっていた。好きという気持ちだけでは一緒にいられない理由が、彼女にはあるのだ。
 僕は「でも、彼が必要なんでしょ?」、強がってみた。手を離し、彼女に背を向け、歩き始めた。上を向けば、涙が涙腺に戻って行くような気がして、ただ青い空を眺めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女

 「彼女」、そう呼べる相手ができたのは、半年ぶりだった。彼女には、付き合っている彼氏がいる。その彼とはしばらく会わない事にして、別れる予定だったらしい。この前彼女を車で送っていると、「この道は彼によく送ってもらった道なんだ」と言われる。彼と彼女の思い出でを聞くのは好きではない。気にはなるが・・・。それは聞いても、もうどうすることも出来ないからだ。思い出の風景をぶっ壊す事も、よく送ってもらっていた道を跡形もなく舗装し直すことも出来ないからだ。バレンタインの時、彼女は耳元でこう言っていた、「頭と心の中から彼は消えてしまった・・・今は○○(僕のあだな)の事しかないんだよね」と。きっと彼女は、彼と別れてくれると信じていた。
 それから一ヶ月が経ってホワイトデーの二日前、彼女は留学が決まったのだ。それを機会に、これからの事を考えていたらしい。学校の事や、家族の事や、会わないでいた彼の事や、僕のことや。彼に正式に別れを告げたらしい。そこまでは順調だったのだが・・・。
 ホワイトデーの一日前、彼女から突然「明日は会えない・・・」と言われる。なぜと思い電話をする。彼に別れを告げてから、彼の事を本当に好きだった自分に気が付いたらしい。ぽっかり穴が開いたようだと。僕の事はまだ好きなのだが、それは彼がいて初めてそう思えるのだと。「『彼』の代わりは、あなたではできないの・・・」と言われる。終わった・・・( 'д⊂ヽ゛。どこかに書いたが、「歯ブラシ」や「ひげそり」など身近にある物の重要性は、それを無くしたときに初めてわかるのだと。普段は気にもしていない物ほど、その重みに気が付かないのだ。彼女は気が付いたのだ、彼の重要性に。
 僕は、「かけそば」に入れる「七味唐辛子」みたいなものだったんだなと思った。「かけそば」はそのままでもおいしく食べられるが、「やくみ」を入れた方がさらにおいしくいただけるものだ。しかし「やくみ」は絶対的に必要なものではない。彼女の彼との何年間かの思い出に、ちょっと彩りを添えることができたらしい。「輝くこと」の中で、磨き粉の話をした。僕は彼女の磨き粉であったと思うが、それは輝かせてしまったら、もう必要ないのだ。僕の役目は終わった。
 ワイス氏は著書の中で、「愛とは、信じることと、許すこと」と書いている。突然終わりは来たが、僕は彼女を許そうと思う。こう書くとなんだか偉そうだが・・・。僕は最後まで彼女を信じる事が出来た。「あんまりだ・・・」とも思うが、許すこともできると思う。それは、愛していたからかもしれない。

参考文献

ブライアン・L・ワイス、1996、前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘、PHP研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひな祭り

 三月三日はひな祭りである。僕の兄弟は男ばかりなので、ひな祭りに何か特別の事をする事はない。それは30年生きてきて、そういう光景を見た経験が無いので、確かな事だ。正確に言えば、五歳くらいからの記憶なのかもしれないが。
 ただ、うちはひな祭り以外の特別な事がある。それは、両親の結婚記念日という日なのだ。毎年この日に帰って来るとお母さんから、「おまえ、いくつなんだ?」と聞かれる。今年は「30だよ」と答えた。なぜお母さんが僕の年を聞くのかと言えば、僕の年齢+1が、お母さん達の結婚生活の年数だからだ。「31年か・・・」とお母さんがいう。
 僕の両親は仲がいい方だと思う。けんかもたまにするが、離婚とかそういうのではない。結婚とは不思議なもので、昨日まで他人だった二人が、その日を境に家族(夫婦)になるのだ。一緒の家で暮らし、大抵の場合死ぬまで一緒にいることだろう。子供が生まれ、自分の親が死に、いろいろな苦労があったと思う。
 さっき、両親のために買っていったケーキを、お母さんが食べながら「お父さんでよかったよ」と言う。「そうなんだ」と返すより、「そうだよね」と口に出た。出会うべき人と、人は出会うものだと思う。僕も三十年たって隣を見たとき、あなたを好きになってよかった、と思いたいと願った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

六星占術、運命星計算アプレットその弐.弐


 先日掲載した、六星占術の運命星を計算するアプレットその弐だが、1977年12月生まれの運命星が計算できないと、読者の方から指摘を頂いた。今回それを修正したアプレットを再掲載した。これと同じ問題が発生すると思われる、運命星計算アプレットその壱も修正した。
 このエラーは六星占術アプレットの基本的な部分であるので、これを利用している「相性占い」と「宿命大殺界」のアプレットにも同様の問題が発生すると思われる。こちらのエラーはまだ修正していないので、1977年12月生まれの人は、占いをやらないでほしい。

 ご指摘をしてくださった読者の方に感謝いたします。みなさん、六星占術アプレットを試してくださいね('◇')ゞ。エラーがありましたら、コメントやメールでお知らせ下さい。よろしくおねがいします。

六星占術アプレットその弐
http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortune2.htm

六星占術アプレットその壱
http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortune.htm

のページから、アプレットの置いてあるページへ行けます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »