« お墓参り | トップページ | 六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.五 »

伝言メモ・その参

 会社を出る10分ほど前に、突然映画が見たくなった。携帯電話のボタンがおかしくなってきたので、修理してもらうため、ドコモに行こうとも思っていた。電話を預けた後の待ち時間に、映画に行って、見終わったら電話を取りに行く予定だった。映画は何を見てもよかった。電話を預け、映画館に着いたとき、丁度よく始まりそうな映画でよかった。
 ドコモショップに行き、早速ボタンのチェックをしてもらう。しかし今回はボタンのクレームは受け入れてもらえず、交換は出来なかった。数ヶ月前に交換してもらった時と同じ症状なのだが、交換してもらうはずの、新しい電話のボタンの方がさらにおかしいのだ。こんな事もあるのだなと思い、そのまま映画館へ行く。
 映画は「ナショナル・トレジャー」を見る。簡単に言うと、ニコラス・ケイジが宝物を探し出す物語だ。しかも終盤頃には、ついでに恋人まで見つけてしまうという、全くうらやましい物語だ。ニコラス・ケイジはまんまと金と女を手に入れたわけだ。
 「前から三列目、まん中」、それが僕が映画を見るいつもの位置だ。少し画面に近すぎるような気もするが、まあいいのだ。こうして一人で映画を見るのは久しぶりだ。映画を見ながら自分自身の事を考え、金はそんなにいらないから、恋人だけでもいたらなと思う。カップルが数組、あとは僕しかいない。がらがらの席に座りながら、手をつなぎながら映画を見たその人が、隣にいてくれたらと思う。映画はフィクションだが、自分とのあまりのギャップが、可笑しく思えた。無性に宝物探しがしたくなった。自分にとって宝物とはなんだろう。
 映画からの帰り道、とてつもなく寂しくなる。今日、交換出来なかったので、その人の声がまだ入っている携帯電話がある。伝言メモをまた聞いてみる。仲がよかった頃の声が入っている。劣化無く、そのときのままの声が再生される。テクノロジーは時として残酷だ。
 本に「すべての事には意味がある」と書いてあった事を思い出す。今日電話を交換できなかった事にも意味があるのか。「もう少し電話をもっておけ」、と言う啓示なのか。しばらくメッセージは聞かないだろうが、電話はもう少し持っている事にしよう。「人生とは学びだ」。そこから何かの学びがあるのかもしれない。
 帰り道、大きな桜を見ているカップルがいた。桜が散る前にやり直せたら、と思ってみた。

|

« お墓参り | トップページ | 六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.五 »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも胸がキューとなります。HPのワンコやトリさんもものぼの~♪としてるのがまた切なくたまりません。

投稿: moor●○ | 2005年4月 9日 午後 08時24分

×ものぼの~
○ほのぼの~

デス!スミマセン!テイセイデキナイデスカ!
 

投稿: moor●○ | 2005年4月 9日 午後 08時25分

moorさん
コメントありがとうございます!!。ワンコ達はこんなにほのぼのしているのに・・・。またキュンキュンするの書きますね!!。

投稿: 竪琴の弾けない吟遊詩人 | 2005年4月 9日 午後 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/3612665

この記事へのトラックバック一覧です: 伝言メモ・その参:

« お墓参り | トップページ | 六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.五 »