« 研究の覚え書き、その弐(モーツァルト効果) | トップページ | 研究の覚え書き、その四(モーツァルト効果) »

研究の覚え書き、その参(音楽的特徴と知覚する感情)

 モーツァルト効果に関してはまだ紹介する論文がたくさんあるが、筆者が飽きてきたので(。´ノω・`)、モーツァルトとは違う音楽関連の話題を書きたいと思う。

2 音楽的な特徴と、知覚する感情との関係
2.1 テンポとメロディの関係を音楽形式の違いから検証
 Balkwill & Thompson(1999)は、インド古典音楽の曲を、主に西洋音楽を聞きインド音楽に関して知識を持っていない被験者に聞かせ、どのような感情が想起されるか調査している。結果として、1)速いテンポは喜びと怒りに、遅いテンポでは悲しみと穏やかさに関係があることをあげている。またメロディに関しては、2)シンプルなメロディは喜びに、複雑なメロディは悲しみに関係があることも示されている。そして、Balkwill & Thompsonは過去の西洋音楽の知覚に関する研究との比較も行い、西洋音楽とインド音楽の知覚する感情とに、音楽の文化的違いを超えた関係性があると述べている。
 音楽様式の違いがあっても、曲を聴いたときに知覚する感情には、音楽的特徴において共通するものがあるらしい。村井(2001)は音楽療法の立場から、音楽的特徴と癒しに関して述べている。これ関してはまたそのうち・・・。

参考文献
Balkwill,L.L.,& Thompson, W.F.(1999).A cross-cultural investigation of the perception of emotion in music:Psychophysical and cultural cues.Music Perception,17,43-64
村井靖児.(2001).音楽療法の基礎,音楽之友社

インド音楽に関しては下記を参考にした
http://www.sagami-wu.ac.jp/kmatsu/link_Classical_Music.htm
http://homepage2.nifty.com/naada/naada.html

|

« 研究の覚え書き、その弐(モーツァルト効果) | トップページ | 研究の覚え書き、その四(モーツァルト効果) »

学問・資格」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/4005376

この記事へのトラックバック一覧です: 研究の覚え書き、その参(音楽的特徴と知覚する感情):

« 研究の覚え書き、その弐(モーツァルト効果) | トップページ | 研究の覚え書き、その四(モーツァルト効果) »