« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

研究の覚え書き、その七(音楽の聴取時間と感情について)

 4 音楽の聴取時間と感情変化
   4.1 脳波の変化と感情の関係
 前回までは、人を覚醒させたり、安らぎを与えたりするのが、如何なる音楽なのかを述べてきた。今回は、どれくらいの時間音楽を聴取すると、そのような感情の変化が起こるのかを、参考文献を挙げながら考察したい。
Schmidt & Trainor(2001)は音楽を聴取させながら脳波を測定し、どのような変化が現れるのか調査している。聴取させた音楽と誘導しようとした感情はそれぞれ、プロコフィエフの「Peter and wolf by Prokofiev」(恐怖)、バッハの「ブランデンブルグ協奏曲 第5番」(喜び)、ビバルディの「春」第二楽章(幸福)、ハーバーの「アダージョ」(悲しみ)である。聴取と脳波測定時間は60秒だった。結果は、それぞれの曲で、脳の活性部位(右半球か左半球か)や、脳波の強度が異なったと報告されてる。音楽は、60秒という比較的短い時間でも、脳波や感情に影響を与えているようだ。
 
参考文献
Schmidt L A.,& Trainor L J.(2001),Frontal brain electrical activity(EEG) distinguishes valence and intensity of musical emotions,Congnition and Emotion,15(4),487-500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.七

 本日、、宿命大殺界の計算アプレットを小修正した。今回のは1996年生まれの方のデータを修正した。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 アプレットは上記の、前回と同様のページに載せた。まだ、各節の宿命星を計算することと、宿命大殺界の時期を計算するのみになっている。宿命星の概略を表示するなどの機能はまだない。各宿命星の概略は下記、

 http://tateminstrel.cocolog-nifty.com/tatehome/2005/01/post_6.html

のページをご覧下さい。宿命大殺界の意味などは、参考文献を参照されたい。

 バグを修正しました。また計算してみてくださいね(;`・ω・´;)ノ。

 参考文献

 細木数子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

六星占術、宿命大殺界計算アプレットその壱.六

 本日、、宿命大殺界の計算アプレットを小修正した。今回の修正は、1976年生まれの方の、何歳運かを計算する所に行った。バグは読者の方からのご指摘により判明した。本当にありがとうございました。

 http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

 アプレットは上記の、前回と同様のページに載せた。まだ、各節の宿命星を計算することと、宿命大殺界の時期を計算するのみになっている。宿命星の概略を表示するなどの機能はまだない。各宿命星の概略は下記、

 http://tateminstrel.cocolog-nifty.com/tatehome/2005/01/post_6.html

のページをご覧下さい。宿命大殺界の意味などは、参考文献を参照されたい。

 バグを修正しました。また計算してみてくださいね(;`・ω・´)ノ。

 参考文献

 細木数子、2003、六星占術 宿命大殺界―あなたの人生を翻弄する恐るべきパワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝言メモ・その四

 2/2、3/13、4/28に録音された三つの伝言メモがあった。「またかけるね!」と入っていたり、「大好き」と入っていたり、「もう会えない、ごめんなさい・・・」と入っていたり。たった半年だったが、いろいろな事があった。よい影響も受けた。よい学びも出来た。そして、1年前学んだ事も、よく生かせた。今日ドコモに行って、同じ機種の新しい電話に交換してもらった。ボタンが壊れたのだ。仕方ない。最後に声を聞いてみようかと思ったが、やめた。潔く彼女から去ったように、自分の気持ちにも潔くなくては。また声を聞いたなら、決心を変えたくなってしまうかもしれない。だからやめた。

 神様は人間に忘れるという能力をくれた。
 だから人は、どんなに辛いことがあっても、生きていける。
 でも生きていれば、忘れられないほどの素晴らしい思い出もある。
 それは、神様がくれた最高の贈り物。
 神様は大抵はいい奴だが、たまに意地悪だ。

 彼女に関する外的な記憶は、すべて無くなった。僕の内的な記憶は、放っておけば薄れていくだろう。そのうち、あまり思い出さなくなる。
 新しい電話はなんだか、少しだけ軽くなったような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »