« 自転車 | トップページ | 音楽療法から見たポピュラー音楽の有効性の考察 »

研究の覚え書き、その八(曲に対する好みの影響)

5 聴取音楽の好みの影響
 5.1 好みの音楽を聴いたときの効果
 音楽には様々なジャンルがある。そのた、テンポ、調、曲調など、様々な要素が絡み合っている。人間の感情に与える影響において、普遍的とも言える要素もあるが、その他の多くはまだはっきりとは解明されていない。
 様々な様式、ジャンルのある音楽だが、聴取音楽の「好み」に焦点を当てた研究がある。Laura ,MacDonald,& Eric(2005)らは、冷水を使った痛みをどれくらいの時間耐える事ができるかを、好みの音楽を聴いた場合、コメディを聞かせた場合、算術問題を計算させた場合で比較している。その結果、好みの音楽を聴いた群は、その他の群より長い間刺激に耐えることができた、と報告している。
 上記の調査は痛みに対して行われたが、その他の感情や「癒し」にも、「好み」が影響を与えていると考えられる。
 

参考文献
Laura A,Mitchell,Raymond A.R,MacDonald,& Eric E.Brodie.(2005).A comparison of the effects of preferred music, arithmetic and humour on cold pressor pain,European Journal of Pain,SCIENCE DIRECT.
 

|

« 自転車 | トップページ | 音楽療法から見たポピュラー音楽の有効性の考察 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/7441547

この記事へのトラックバック一覧です: 研究の覚え書き、その八(曲に対する好みの影響):

« 自転車 | トップページ | 音楽療法から見たポピュラー音楽の有効性の考察 »