« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

アウトドアクッキングその壱(インスタントラーメン編)

「アウトドアクッキング」という題名だが、インスタントラーメンを作っているだけだ・・・。
ホントのアウトドアな人からは「そんなのクッキングじゃねーよ!!(#゚Д゚)凸 」って言われそうだが(´ノω<`)ヒエー。
ワガハイは初心者なので、ご勘弁願いたい・・・。

先日ストーブを買った。早く試したかったのだが、クッカーが無かった。それを先週買ったので、早速使ってみることに♪。「ユニフレーム(UNIFLAME)トレイルスクエアコッヘル3」を買ったのだが、コレが優れもので、インスタントラーメン(お湯で煮るやるつね (´・ω・`)b)がそのままはいる。麺はたいていの場合四角いが、このクッカーもそれに合わせて四角くなっている。調度入るわけだ。

クッカーはコチラ(*´・ω・`)ノ
軽量・熱伝導に優れ、耐久性を兼ね合わせたスクエアシリーズユニフレーム(UNIFLAME)トレイルス...

UNIFLAME(ユニフレーム) トレイルスクエアコッヘル3
icon

壱枚目、早速ウキウキしながらクッキング開始♪
200601300740000

弐枚目、麺が煮えてきたマダカナ~。
200601300745000

参枚目、麺が煮え、スープの元を投入♪イタダキマース(*・ω・*)ノ。
200601300800000

お湯を沸かして、麺を投入。その後、スープの元を入れるだけだが・・・。それでも、初心者のワガハイには、初めてのことばかりで楽しかった(*´・ω・`)ゞ 。できあがり、食べてみる。外で作って食べるだけで、こんなにおいしいものなんだ!!と思った。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

研究の覚え書き、その壱(モーツァルト効果)

 僕は、音楽聴取後の人の感情の変化について調べている。その調査過程で、ブログの記事になりそうなものがあったら、それを覚え書き程度に書こうと思った。できるだけまともな文章に書きたいつもりだが、誰のチェックも審査も受けていないので、皆さんにどのように思われるか不安だ・・・( ;´∀`)。と無駄な前置きはやめにして、さっさと書き始めようかな。
 1、モーツアルト効果なのか?
 巷ではモーツアルトの曲がもてはやされているらしく、様々な事が言われている。モーツァルト療法、モーツァルト効果、モーツァルトリラクゼーション効果・・・。などなどたくさんのものがあふれている。そんな効果が果たしてあるのだろうか?。僕が参考文献を集めているときにも、「Morart effect」という文字を多く目にした。多くの人がモーツァルトの曲の効果に興味があるのらしい。これだけ多くの研究者が興味をそそられているモーツァルトを、まったく無視することはできまい。と言うことで、僕はモーツァルトが嫌いなのだが、曲を聴いたり、譜面を見たりした。

 1.1 モーツァルトの曲と、気分、空間認知能力向上の関係
 Gabriela,William&E.Glenn(2002)は、音楽聴取したとき、その曲のテンポ、調が、気分と空間認知に与える影響を調査している。その中で、モーツァルトのK448(ピアノ・ソナタニ長調)を題材にそれらを調査している。Gabriela et al.はK448の第1楽章を上級者のピアニストに弾かせ、それをMIDI(Musical Instrument Digital Interface)データに変換した。そのデータから聴取用の音楽として、1,Fast-maior、2,Fast-minor、3,Slow-major、4,Slow-minorの四つのバージョンを、音楽用シーケンスソフト(Performer)を使い作成している。また、人の空間認知能力、感情調査にはそれぞれ、paper-folding-and-cutting(PF&C)tasksと、The Profile of Mood States(POMS)を使用している。結果として、
1)空間認知能力向上は、遅いテンポより、速いテンポの方が向上し、その効果は長調の方が著しかった。
2)気分については、早いテンポは覚醒を促すこと。長調はポジティブな感情を、単調はネガティブな感情へと変化させること。気分については、テンポは関係性がない。と結論は述べられている。
 この研究ではモーツァルトのピアノソナタを題材に調査している。しかし、その他作曲家によるの曲との比較はしていない。William,E.Glenn and Gabriela(2001)やJonathan and Carolはモーツァルト作曲の曲と、そのたの作曲者による曲との比較を行っている。それはまた機会があったら紹介したい。

参考文献

Gabraiela Husain.,Willam Forde Thompson.,& E.Glenn.(2002).Effects of musical Tempo and Mode on Arousal,Mood,and Spatial Abilities.Music Perception,20(2),51-171.
林知行.(1997).標準 ポピュラー音楽理論,シンコーミュージック.
Jonathan C.smith., & Carol A.Joyce.(2004).Mozart versus New Age Music:Relaxation States Stress and ABC Relaxation Theory.Journal of Music Therapy,41(3),215-224.
William Forde Thomposon,,E.Glenn Schellenberg,.& Gabriela Husain.(2001).AROUSAL MOOD AND THE MOZART EFFECT.American Psychological Society,12(3),248-251.


Sonata for 2 Pianos in D, K.448: I. Allegro con spirito


| | コメント (0) | トラックバック (1)

テスト

PETZL(ペツル)
icon

続きを読む "テスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページビルダーから作成

ホームページビルダーから作成したよ。
ちゃんと表示されるかな~(;;・ω・)∩

続きを読む "ホームページビルダーから作成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽聴取後の感情変化についての研究-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響-(修士論文要旨)

音楽聴取後の感情変化についての研究(修士論文要旨
-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響-
(修士論文要旨)

 修論の要旨を書いてみた。1ページ=40字×40行を2ページと言う指定なので、図とか入れられなかった (;・ω・)∩ 。図とか画像がないと、ずいぶん殺風景な文章になるな・・・。 字ばっかり・・・。


 現在の社会は、ストレスの多い社会と言われている。そのような中で、リラクゼーションに関する関心が高まっている。その一つの方法として音楽があげられるだろう。ヒーリング音楽やリラクゼーション効果などを謳った商品が、数多く店頭に並んでいることからもこのことが分かる。音楽はTV、商店やレストランのBGMなど、我々の身近なところで利用され、音楽を耳にしない日がないほどとなっている。このように日常よく利用され、我々に生活に浸透している音楽だが、どのような曲が人の心を癒すのだろうか?。
 テンポについては先行研究によって、速いテンポは「活力」や「活発」などの覚醒に関連した感情を起こさせ、遅いテンポは不活性的な落ち着いた、沈静的な気分にさせる事があげられている。メロディに関しては、複雑なメロディは「怒り」や「悲しみ」の感情に関係があり、シンプルなメロディは「ポジティブ感情」や「喜び」「穏やかさ」などの感情に関係がある事をあげている。音楽と「癒し」の関係を調査した研究で上げられている曲目ついて調査したところ、1)活性的な気分になる音楽は、リズムが強調され、テンポが比較的早い特徴があった。2)癒される音楽については、リズムはそれほど強調されず、テンポがゆっくりで、メロディーがシンプルであることが分かった。以上の事から、テンポとメロディという音楽的な特徴が、感情変化に大きな影響を与えていると推測された。また、音楽に関する好みについても、重大な感情変化の原因になるだろう。好みの音楽の効果を調査した研究からも、その効果が報告されている。
 本研究では音楽を利用した癒しについて、音楽の重要な構成要素であるテンポとメロディの両観点から考察した。また、聴取させた音楽について、好みと「癒し」感情の関係も調査した。そのための方法として、テンポ(fast or slow)とメロディ(simple or complex)の異なる曲を四曲作曲し、それを被験者に聴かせ、その後の感情状態を測定した。好みについては、聴取後の質問紙に項目を設け調査した。
 被験者は日本電子専門学校(電子工学科)の生徒60名(男55名、女5名)を対象に行った。聴取用音楽は、シンプル(Simple[S])なメロディはエンヤ・ウォーターマークを使用した。複雑なメロディ(Complex[C])には、先行研究に上げられている曲目を参考に、ウォーターマークに音符を追加して作成した。メロディ、テンポ以外の音楽的な変化を統制するため、コード進行、伴奏、音色などは各バージョン全て同様とした。テンポは、fast[F]とslow[S]をそれぞれ、160と80bpm(四分の四拍子)とした。聴取前後の感情測定は、MMS(Multiple Mood Scale:多面的感情尺度)から、音楽聴取時に関係があると考えられる3因子を選んだ。因子は、「抑うつ・不安」(不安な、悩んでいる、気がかりななど)、「非活動的快」(のんびりした、おっとりした、ゆっくりしたなど)、「活動的快」(活気のある、気力に満ちたなど)の3因子(各因子5項目)を使用した。それぞれの項目は、「全く感じていない」の1から、「はっきり感じている」の5までの、5段階で答えさせた。調査は各聴取音楽群(FC,FS,SS,SC)15名で行った。現在の感情(音楽聴取前感情)に関する質問に答えさせた後、音楽を聴取させた。聴取時間は約210秒とした。210秒に満たない時は、繰り返し聴取させた。次に聴取後の感情を答えさせた。調査時間は全て合わせて約10分だった。
 調査の結果、聴取前後の「抑うつ・不安」に主効果が認められた(F(1,56)=18.41,p<0.00)。また、「非活動的快」においても、聴取前後に主効果が認められた(F(1,56)=4.853,p<0.05)。どのタイプの音楽を聴いた場合でも、聴取後は「抑うつ・不安」が減り、「非活動的快」が増える事が分かった。「活動的快」においては、聴取前後のMMS値とテンポとの間に交互作用が認められた(F(1,56)=5.37,p<0.05)。下位検定の結果、遅いテンポの曲を聴いたときは、「活動的快」の値が減る事が分かった(F(1,56)=8.73,p<0.01)。次に聴取前後の変化量を分析するため、「聴取後値-聴取前値=変化量」の計算を行った。テンポ(Fast VS Slow)×メロディ(Complex VS Simple)のMANOVAを行った所、「活動的快」においてテンポによる主効果が認められた(F(1,56)=5,37,p<0.05)。テンポが遅い曲を聴取した場合、「活動的快」が減る事がわかった。音楽聴取時の曲に対する好みも重要な要素だが、それについても分析を行った。その結果、非活動的快に有意差が認められた(t(58)=2.061,P<0.05)。聴取した音楽を好んでいたグループは、「非活動的快」値が上昇する事がわかった。また「癒し」項目についても、はっきりとした有意差が確認された(t(58)=5.624,P<0.000)。好みの音楽を聴いたときは、「癒される」と感じる度合いが、好まないと感じる音楽を聴いたときより大きくなった。それぞれのMMS因子の変化量と「癒し」項目から相関関係について調べたが、「癒し」得点と「抑うつ・不安」との間に、弱い負の相関関係があることが分かった(r=-0.32,p<0.05)。また、「癒し」得点と非活動的快との間にも、比較的強い相関関係があることが分かった(r=0.43,p<0.01)。「癒された」という感じは、「のんびりした」「おっとりした」などの非活動的快感情の増加とやや関連し、「不安な」「悩んでいる」等の「抑うつ・不安」感情の減少と関連する可能性が示された。
 本研究は、聴取用の音楽のテンポとメロディを変化させ、聴取後の感情と「癒し」感情がどのように変化するのか調査した。その結果、どの音楽聴取群でも、抑うつ不安的な気分(不安な、悩んでいる、気がかりななど)が減り、非活動的な快気分(のんびりした、おっとりした、のどかな)が増える事が分かった。抑うつ不安的な気分が軽減され、非活動的な気分が増える結果になった。音楽聴取による、ストレス軽減と、リラクゼーション効果が認められたと言えよう。テンポの違いにおいては、遅いテンポの曲を聴いたとき、活動的な快気分(活気のある、気力に満ちた、はつらつとしたなど)が減る結果となった。先行研究でもテンポと活性的感情との間に関係があることが上げられてが、今回の調査でも同じ結果を得ることができた。一方メロディに関しては、その複雑さとシンプルさと言う観点から調査したが、それら二つの効果をはっきりと見つけることができなかった。これは、感情に直接作用する調やコードを変化させなかった事に原因があると考えられる。曲に対する好みに関しても分析したが、聴取音楽を好んだグループは、非活動的な気分(のんびり、ゆっくりなど)に誘導され、「癒される」と感じることが分かった。曲に対する「好き嫌い」が癒し感情に重要な関係がある事が分かった。それぞれの感情因子と「癒し」感情の相関関係を分析したが、癒されると感じる音楽は、抑うつ・不安的な感情が減り、非活動的快な落ち着いた気分になっていく。音楽聴取がストレス軽減や、気分を落ち着かせる作用があると言えよう。 近年言われている音楽の、リラクゼーション効果、ヒーリング効果を、今回の調査で確かめる事ができた。音楽聴取は、抑うつ不安感情や非活動的な快感情変化に関係している。またテンポは、活動的な快感情の変化に関係している。「癒し」に関しては、曲の「好き、嫌い」が大きな影響を与えている。この結果から、リラクゼーション効果があるとされる音楽を聴取したとき、全ての人が癒されるのではなく、その曲を好む場合に、癒しの効果が現れると考えられる。反対に、リラクゼーション効果がないとされる曲を聞いたときでも、その曲を好んでいれば癒しの効果が現れる可能性があると推測された。


内藤 正智.(2006提出予定).音楽聴取後の感情変化についての研究-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響-,日本大学大学院総合社会情報研究科人間科学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「めぐり逢えたら-Sleepless In Seattle-」

 妻を病気で亡くしたサム(トム・ハンクス)は、悲しみに暮れる日々を過ごしていた。そのような日々の中、父親を心配する息子ジョナは「パパに新しいお嫁さんを」と、全米で放送されているラジオ番組に主演を応募していた。クリスマスの夜、ジョナがサム宛の電話だと渡した受話器の先には、ラジオ番組の司会者の声が聞こえていた。
 サムは亡き妻への思いを、穏やかに語っていた。「朝起きて息をする。それを繰り返していれば、幸せな日々をあまり思い出さなくなる。初めて彼女の手をとったとき、帰るべき家を見つけた気がした。それは、運命のマジックだった・・・」
 アニー(メグ・ライアン)も、全米中に流れるサムの声に耳を傾けていた一人だった。婚約中の彼女だったが、サムの事が気にかかっていた。彼女は新聞記者という職権を使って、サムに接触を試みるが・・・。
 「運命の人」を題材にしたラブコメだ。出会うべき人と、人はいつか出会うのだろう。その事は定かではないが、そういう気持ちにさせてくれる映画だ。オイラはお気に入りなので何度も見ている。「運命のマジック」を信じてみたくなった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »