« テスト | トップページ | アウトドアクッキングその壱(インスタントラーメン編) »

研究の覚え書き、その壱(モーツァルト効果)

 僕は、音楽聴取後の人の感情の変化について調べている。その調査過程で、ブログの記事になりそうなものがあったら、それを覚え書き程度に書こうと思った。できるだけまともな文章に書きたいつもりだが、誰のチェックも審査も受けていないので、皆さんにどのように思われるか不安だ・・・( ;´∀`)。と無駄な前置きはやめにして、さっさと書き始めようかな。
 1、モーツアルト効果なのか?
 巷ではモーツアルトの曲がもてはやされているらしく、様々な事が言われている。モーツァルト療法、モーツァルト効果、モーツァルトリラクゼーション効果・・・。などなどたくさんのものがあふれている。そんな効果が果たしてあるのだろうか?。僕が参考文献を集めているときにも、「Morart effect」という文字を多く目にした。多くの人がモーツァルトの曲の効果に興味があるのらしい。これだけ多くの研究者が興味をそそられているモーツァルトを、まったく無視することはできまい。と言うことで、僕はモーツァルトが嫌いなのだが、曲を聴いたり、譜面を見たりした。

 1.1 モーツァルトの曲と、気分、空間認知能力向上の関係
 Gabriela,William&E.Glenn(2002)は、音楽聴取したとき、その曲のテンポ、調が、気分と空間認知に与える影響を調査している。その中で、モーツァルトのK448(ピアノ・ソナタニ長調)を題材にそれらを調査している。Gabriela et al.はK448の第1楽章を上級者のピアニストに弾かせ、それをMIDI(Musical Instrument Digital Interface)データに変換した。そのデータから聴取用の音楽として、1,Fast-maior、2,Fast-minor、3,Slow-major、4,Slow-minorの四つのバージョンを、音楽用シーケンスソフト(Performer)を使い作成している。また、人の空間認知能力、感情調査にはそれぞれ、paper-folding-and-cutting(PF&C)tasksと、The Profile of Mood States(POMS)を使用している。結果として、
1)空間認知能力向上は、遅いテンポより、速いテンポの方が向上し、その効果は長調の方が著しかった。
2)気分については、早いテンポは覚醒を促すこと。長調はポジティブな感情を、単調はネガティブな感情へと変化させること。気分については、テンポは関係性がない。と結論は述べられている。
 この研究ではモーツァルトのピアノソナタを題材に調査している。しかし、その他作曲家によるの曲との比較はしていない。William,E.Glenn and Gabriela(2001)やJonathan and Carolはモーツァルト作曲の曲と、そのたの作曲者による曲との比較を行っている。それはまた機会があったら紹介したい。

参考文献

Gabraiela Husain.,Willam Forde Thompson.,& E.Glenn.(2002).Effects of musical Tempo and Mode on Arousal,Mood,and Spatial Abilities.Music Perception,20(2),51-171.
林知行.(1997).標準 ポピュラー音楽理論,シンコーミュージック.
Jonathan C.smith., & Carol A.Joyce.(2004).Mozart versus New Age Music:Relaxation States Stress and ABC Relaxation Theory.Journal of Music Therapy,41(3),215-224.
William Forde Thomposon,,E.Glenn Schellenberg,.& Gabriela Husain.(2001).AROUSAL MOOD AND THE MOZART EFFECT.American Psychological Society,12(3),248-251.


Sonata for 2 Pianos in D, K.448: I. Allegro con spirito


|

« テスト | トップページ | アウトドアクッキングその壱(インスタントラーメン編) »

学問・資格」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/3920526

この記事へのトラックバック一覧です: 研究の覚え書き、その壱(モーツァルト効果):

» クラシックが大ブーム [ほんのちょっとだけ感想。]
なぜか中高年でクラシックが爆発的に売れている。 普通は一万枚が売れるとヒットと言われているクラシックのジャンル。 BEST CLASSICS100が30万枚の大ヒットで オリコンチャートでも5位にランクイン鍊 このアルバムの特徴はお得感で 名曲カラヤン、ラトルなどが1..... [続きを読む]

受信: 2005年6月10日 午後 07時12分

« テスト | トップページ | アウトドアクッキングその壱(インスタントラーメン編) »