« 音楽聴取後の感情変化についての研究-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響- | トップページ | 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 »

「ランボー3-怒りのアフガン-」

 オイラが中学のときか、映画館で見た。ランボー2はTVで見たのだが、3は友達と映画館に行った。まさに男の映画!!。女子が見てもさっぱり??のような気がする。見始めると、懐かしさと、スタローンのカコヨサに目がウルウルする。

 2(怒りの脱出)のとき、ベトナムに捕虜になっている米兵を救出するために、作戦に参加するランボーだったが。見事に仲間に裏切られ、ブチ切れ(メ゚皿゚)オラー!!。何とかベトナムから脱出し司令本部まで戻ってくると、M60乱射して本部をぶっ壊し、司令官にナイフを突きつけるという、男気あふれるランボー・・・。「任務は・・・果たしたぞ!!」

 そんな因縁があって、3のときに政府から頼まれる任務には、ちょっと消極的。そりゃそうだよね。親友のトラウトマン大佐が説得するもダメだった。それから少し経って、タイ?の寺院修復に汗を流すランボーに国防省のエージェントが、トラウトマン大佐がソ連軍に拘束されたと告げに来る。エージェント役は「ロボコップ」で悪の親分役だった、カートウッド・スミス。「ロボコップ」のクラレンス役がかなりの印象で、どうもいい人に見えない・・・。話が逸れたが、ランボーは「俺一人で行く!!」とトラウトマン大佐救出を引き受ける。なんて男気あふれる奴(´;ω;`)。

 そんなこんなでアフガニスタンに潜入するランボー。市場を歩くときもアフガン人と一緒の時も、西洋人なのもあるが、どうも堅気には見えないランボー・・・目立ちすぎ。それからアフガン人の案内で、ゲリラ基地に到着する。そこで、敵要塞内で兄を亡くしてしまった少年に会う。このクソガキが後先やっかいを生むのだが・・・。その少年が、ランボーのペンダントについて聞くと、「これは幸運のお守りなんだ・・・」と。これは、2のときに、ベトナム人美女?!戦士からもらう物だ。それからずっと持っているなんて一途だな~。女性といいことがあったのが、それっきりなのかもだけど(´;ω;`)ウウ泣ける。

 一時の休息であったが、ソ連軍ヘリコプターの奇襲攻撃を受けてしまう。ソ連軍の無情さに怒るランボー。その怒りは戦士の魂を蘇らせ、見事敵ヘリコプターを機関銃で撃破する。短い交流であったが、同士として次第にアフガン人戦士から信頼を獲得していく。戦いの中でしか彼の価値は見出せないのだ・・・。「ボトムズ」のキリコを思い出した(´ノω;`)セツネー。

 敵要塞に潜入するランボー。ソ連特殊部隊スペツナツをいとも簡単に処理する・・・さすが・・・。1度目は大佐救出に失敗してしまう。深傷を負うランボーだが、彼独自の治療法で応急処置(´@ω@`)キャー!!イタソウ。1の時は、自分の腕を縫合したりしてたが。3のときは、ナイフのグリップ部分に小物は入らないタイプだったので、そういう処置はできなかったのかも。1,2,3とナイフが変わっているのだが、ランボーはオーダーメイドで作らせているのだろうか。意外と金持ち?。それから、ロッククライミングなどして、2度目の潜入。そして見事救出!!。敵ヘリコプターをかっぱらって、捕虜となっているアフガン人も救出(´-ω-)イイヤツダ。

 ソ連軍司令官の執拗な追撃。それらを、お決まりとなっている弓矢で応戦。爆弾が付けられる弓矢とか、やっぱしオーダーメイドなんだろうか・・・。金持ち?・・・。何とかスペツナツの追撃を逃れるランボーとトラウトマン大佐だが、新たなるソ連軍師団の登場で窮地に立たされてしまう。それでも勇敢に戦う彼ら。一刻の静寂の中、地響きが・・・。それは、馬を駆るアフガン人戦士達の、進軍の音だった・・・。

 ふー、昨日の情動が収まらないのか、熱くレビューをかいちまったぜ(´ノω<`)。それにしても、懐かしいし、カッコイカッタな~。青春の映画だったからね。
最後に、

「この映画をアフガン人戦士達に捧げる・・・」と出る。

 別の意味で泣けた・・・。まさかね、10年後には・・・。そういうの気にしなければ楽しめる映画だと思う。


レンタルだったらこっち(,,・∀・,,)ノ

|

« 音楽聴取後の感情変化についての研究-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響- | トップページ | 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/9770169

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランボー3-怒りのアフガン-」:

« 音楽聴取後の感情変化についての研究-テンポとメロディと曲に対する好みが感情尺度と癒し感情に与える影響- | トップページ | 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 »