« 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 別れの時 »

DISCOVERY CHANNEL -Extreme Machines 戦車-(ディスカバリーチャンネル)

イメージテスト

 「Extreme Machines」の副題からもわかるように、スンゴイ機械(シリーズでは乗り物を紹介)の紹介DVD。今回見たのはズバリ「戦車」だ!!。のっけからいきなり、米軍M1エイブラムス戦車(Abrams)と英軍チャレンジャー戦車(Challenger)の大砲撃ちまくりな映像が出てくる(・∀・)スゲー迫力。気分爽快だw。

 それから戦車の紹介が続くわけだ。沼地を爆走していくところ、川を渡っちゃうところ、急斜面を登っていくところなど、まさに「Extreme Machines」だ。
 戦車内の映像などでてくるが、意外と狭いみたい。でも、操作は簡単にできるようなことを言っていた。まあ、訓練されている兵隊さんだからね(;;・ω・)∩。
 M1エイブラムス戦車の製造工程紹介もあった。一台作るのに3ヶ月かかるそうだ。一機450万ドルだって・・・・。装甲の元になる鉄板をレーザー?で切っているところが出てきたが、その厚みがすごい!!。どれくらいの鉄を使っているのだろうか。まさに、鉄の塊。厚いとこで300mmあるとか。
 戦車の訓練場面も出てくる。移動しながらの射撃、自動追尾しながらの移動など、その性能の驚いた。ハイテク満載の兵器だからこそできるのだろう。補足、追尾が確実にできるのだそうだ。また、司令本部とEメールでやりとりできるらしく、全体の戦況もすぐ把握できるらしい。
 キャタピラ付きの乗り物なので、ショベルカーとかパワーシャベルの移動風景を想像していたが、全く別物w。意外と早い=3=3=3。正確には速度忘れたが、70kmでるらしい。で、そんな巨体が爆走していたら、止まるのにはさぞかし距離がかかるのだろうと思っていたが、3m?で急停止できるらしいスゲエ・・・。恐らく、爆走→敵ハケーン→雰囲気ワルス→急停止→Uターン→爆走、とかこういう状況のためとかなのだろう。
 
 戦車の天敵に付いても紹介していた。戦闘ヘリ、地上攻撃戦闘機、歩兵用携帯ロケットなど。いかに装甲が厚く、大砲の威力が強くとも、戦車を撃破する兵器もまた開発されるのだ。

 とても興味深く、楽しくみれたDVDだが、これが殺し合いに使われる兵器という事を忘れてはならない。この「Extreme Machines」を使う事より、その状況を回避するための努力の方が、何倍も尊い。



レンタルもあるよ(,,・∀・,,)ノ

|

« 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 別れの時 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/10372085

この記事へのトラックバック一覧です: DISCOVERY CHANNEL -Extreme Machines 戦車-(ディスカバリーチャンネル) :

« 「ハリーポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 別れの時 »