« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月

別れの時

人は未来が分からないから不安だ。
でも、未来を占う事は興味がなくなった。

もしもあなたに振られる事がわかっていたなら、思いを伝える事は無かっただろうし。
もし、好きになってもらえないと分かっていたなら、好きにもなってないかもしれない。

人は必ず後悔するのだけど、僕はそう思わないようにしている。
もし未来を知っていたら、その結末を恐れて、それを避けてしまうかもしれないから。

別れた、という事実を悲観するより。
好きだった、という思い出を持っている方がいい。

だから僕は、未来を知らなくてよかったと思う。後悔もしていない。
結末を知っていても、その言葉を言ったと思うし。

あなたを好きだったことが。
「さようなら」よりも、「ありがとう」と伝えたい。


なんてな・・・・・・・(*´-ω-`)□゛カランカラン。
今日はバーボンの氷が、早く溶けるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »