« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

mixi(ミクシィ)に思うこと・その四

 S氏からの最後のメールの後、B子さんから連絡があった。それは、S氏から日記のコメント欄に書かれた内容の事であった。それは、B子さんに向けられた意味不明な内容と誹謗中傷の書き込みであった。その内容はSの思い込みをそのままに表した内容で、B子さんには全く身に覚えがない事だった。S氏は、10月から綿密な調査によってB子さんとA子さんが同一人物であるという証拠を掴み、その事を確信したらしい。A子さんの居住地、配偶者の容姿、仕事、お子さんの通っている学校などの内容が、日記のコメント欄に書かれていた。前回の記事でも書いたが、このような行為はプライバシーの侵害にあたる。
 B子さんはA子さんの事は全く知らず、とまどうばかりであった。それと同時に、S氏の常軌を逸する行為に恐怖感を覚えたそうだ。この書き込みの内容を知らされた私は、A子さん自身、ご家族に危害が加えられる恐れがあると判断し、警察に相談するように促した。mixi運営事務局への通報を決意しこのことをメールに書いていた最中、新たな犯行が行われた。

Figure3

 それは、私の写真とHN(ハンドルネーム)を詐称した騙り行為であった(figure3を参照)。写真は黒線が入っているだけのもので、無断で悪用された。またHNも通念的によろしくない行為である「不倫中」と書き、私の名誉を傷つけようとしている悪意のある行為を行った。S氏は写真とハンドルネームを変更後、自分のプロフィールも変更。その内容は事実をねじ曲げ自分の解釈通りの内容とし、「不倫している」とか「A子さんと会えなくて寂しい」、「A子とB子は同一人物だ」などと書いていた。これは、私のマイミクさん10人ほど(実際に会ったことがある方達で、全員違う人間)が確認している。プロフィールの内容も、HNと同様に、社会通念上よろしくないとされる内容が書き連ねられていた。HNと写真を私のものと酷似するものを使うことによって、私の名誉を傷つけようとする悪質な行為だった。
 ここまでであっても十分犯罪であるが、ここからS氏は、A子さん(S氏は私と不倫している関係だと思いこんでいる)のマイミクさん達全員にメッセージを送り始めた。ミクシイではメッセージを送ると、登録されているメールにメッセージの着信案内が届く。それはfigure4の様な内容である。 メッセージ、着信案内のメールを見たA子さんのマイミクさんは、本当に私がA子さんと不倫していると思った人がいたようだ。

Figure4

 普通、本当にしていたとしても「不倫している」と大手を振って口外するものはいない。S氏はA子さんのマイミクさん達にこういった内容を吹聴することによって、私の名誉を傷つけ、A子さんの幸せな家庭を崩壊させ財産を失わせようとしたのだ。この行為は犯罪だ。またS氏は、このことをネタに、金品などの要求を迫るつもりだったのかもしれない。住居、子供もさんの学校などを調べ上げ、実際に危害が加えられると脅し、恐喝の道具として利用しようと準備していたに違いない。実の父親を自殺未遂に追い込むほど強力な手段を行使できるS氏であれば、十分に考えられる事である。
 自己の欲望を満たすためには手段を選ばないS氏には、もはや「氏」と人間を指す接尾語を用いることに違和感を覚えるほどである。人の皮を被った鬼のようだ。プレゼントが何か分かったとき、私が喜ぶべき物、あるいは自分が善意で送っているかの様な言い方に怒りを覚えた。しかし、私がS氏に屈服する謂われはなく、断固として戦う事を決意した瞬間でもあった。この記事は一部事実を元に構成されたフィクションである。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

ネイチャーストーブ・その壱

200703070321000_1

なんだこれ・・・って思う人もいるだろうけど。これは枝とか松ぼっくりとか、自然にあるものを効率よく燃やせるストーブなのだ♪。下が網になっていて、上に向かって上昇気流が起きて、ばんばん燃えるらしい。撮影は部屋の中でしたが、試してみるわけにはいかなかったw。

今度アウトドアクッキングするときは、これでお湯を沸かしてみようと思っている♪。モンベル(買った店)のお兄さんは、「あ、これ火加減とかできないので、肉とかを焼くときには気をつけてくださいね」ってw。うーむ・・・どんだけ火が出るんだろう・・・。

ユニフレーム(UNIFLAME)の商品ならこちらへ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野動物園

 先日、友達と上野動物園に行ってくる♪。新聞の懸賞で当たったのだ。その前日は雨など降っていて晴れるか心配だったが。無事晴れて、絶好の動物観覧日より♪。上野は美術館しか行ったことなかったので、また動物園は久々なのもあって楽しみ。そう、パンダさんがいる!!!と初めて見るであろうパンダにも心ときめかせていた。

M2_1
これがもらえるパンフレット♪

入場券は動物の写真が載っているのだが。他の友達は、ぺんぎんさんとかパンダさんとか。オラはゴリラ・・・おっかないよ(´;ω;`)
M1


入門するとまずパンダ館がある。でもすごい行列・・・。相談の結果、後でと言うことにw。

 次はパンダつながりで、レッサーパンダ君。昔ヤンマガか何かで、動物物のマンガがあって。その中でレッサーパンダ君が出てくる。かわいいが、かなりの腹黒キャラw。どこの動物園に行っても、「レッサーパンダは腹黒に決まってる。だって、牙すごいもん」と思っているタテミンである。

P1000063


 次は動物園の王道というか、ゾウ♪。おお~でかい~♪臭い~・・・。これに乗って通勤したら、さぞ気分爽快だろうなと。

P1000064m1

 この日は非常に天気もよくて昼寝には絶好な感じ。動物はご飯食べた後で眠いのか、ちと怠惰気味。その代表格というか、カピバラというネズミ目の動物。眠そうだ・・・。

Capybara


 モノレールの駅を通り過ぎて、エミューの卵の大きさに驚愕しながら、不忍池に向かう。風もあったせいか、池そばは寒かった気がした。池にはタンチョウやらペリカンやら。日本の池らしくない異様な感じだったが。光に照らされる池に佇む鳥はきれいだやね♪。

P1000071m1


 そろそろお腹が減ってきて、焼き鳥でも食いたいなw(鳥ばっか見てたからね)なんて思いながら歩いていると、ハシビロコウを発見。一緒に行った友達はこれを見に来たと言っていたくらいで、興奮気味♪。なんでも水の中の鳥を捕るため、獲物を狙っている間はしばらく動かないんだとか・・・。なんてスローライフなんだろう♪。僕はTVで見て知ってはいたが、意外とでかかった。

P1000078m1


 お昼は園内のレストランで食べたが、なんと新宿中村屋のカレーが!!。本店と変わらない味に感動した。ちなみチキンカレーだった。

200702130800000


 レストランを出て少し歩いてペンギンを見に行く。実はタテミンはペンギン好き♪。シーワールドで買ってきたペンギンの置物がまだ取ってある。癒されるな~。お腹の出具合とかがまたいい。

P1000079m1


 それからトラみたりライオンみたり。有名どころの動物には人だかりが。ホッキョクグマが2匹いたのだが、行ったり来たりユニゾンして動いてたwww。なにかのコントやってるみたい。

 そろそろパンダのところへと思い、入門ゲートのところへ。向かう途中でハゲタカとかハヤブサがいた。ハヤブサはちょっと思い入れがあって。フロントミッションというゲームをやっていた時自分の専用機の名前はHayabusaだったw。次に乗るバイクはHayabusa 1300だなと思っているしw。小さい鳥のくせに300㌔も出して飛んじゃうところがカコイイ。生まれ変わったら鷹匠になろう。

 そんなこんなで楽しいひとときを過ごしていて、最後の締めにパンダだ!とパンダ館に進入するが・・・。まだすごい人・・・。小生は背が低いのでほとんど見えん・・・。隙間からちょっと見えたが、おケツ向けてたウウ。パンダを見て一言、ほんとに白黒だった。あと、お前もっと動けよ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

車中泊(RAV4で)その四

前回は小さい方の板を、普段はスライドさせて大きい板に重ねておくように金具を付けたと書いた。それでしばらく走ってみたのだが、少し強くブレーキをかけると、板が前にずれて、水のタンク(運的席シートの後ろに水タンクが置いてある。)に激突するようになった・・・。そりゃそうだ、固定してないからね(´・ω・`)ゞ。どうやって固定しようか考えていて、服とかにつかうマジックテープを使うことにした。ちょうど余っていたのもあったし♪。

写真はマジックテープ取り付けまえだ。メジャーがおいてある方が小さい板で、これがブレーキをかけると前にずれてくる・・・。
200703041254000

早速思ったとおりに付けてみる・・・。接着には前回から使用しているエポキシ系の接着剤だ。何とも便利な接着剤だ♪。

200703041258000

無事ついたので、今度は固定するほうのマジックテープ(オス側?)を切って、二つの板をつなげてみた。
200703041300000_1

板には柔らかい方のマジックテープをつけた。毛布とかを乗せてあるのだが、チクチクの方だと毛布がくっついて、繊維がほつれると思ったからだ。

ちょっとした下りを走りながらブレーキ踏んだが、全然平気♪。次は加速時に、板がずれないようにする固定を考えてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »