« 生物としての勝ち組 | トップページ | 買い物(BlogPet) »

2008年献血と血圧危険

 この前の武専で、開祖デーということで献血をする。毎年やっているので、ここでするのは二回目となる。一年前に久々にやって、献血に対する関心が高くなった。それで、個人的にもやるようになった。

 なんでも血液は長期保存が出来ないらしく、常に新しいのを準備しておかなくてはならないとのこと。神奈川だと300人分だったかな(うろ覚え)、それが1日分で、手術とかで使われる。そして、それを三日分は備蓄しなさいと、お国からのお達しがあるらしい。今回は、少林寺拳法の神奈川県連で献血した人が100人くらいいたみたい。こういういいことは、これからも続けていきたいやねhappy01

 ここからはあたしの話しだけど、献血はまったく問題なかったのだが、血圧がやばい・・・coldsweats02。献血する前は結構高めにでるらしく、去年は上が140くらいあった。緊張のせいもあるだろうが、まあ高血圧は体によくないと聞くので、それからは塩分控えめな食事を心がけてきた。

 ところが・・・今年献血前の検診で計ってみると・・・160もある!!下は100くらいだったしcoldsweats02機械壊れてませんか?!。減塩はなんだったの?!・・・。ちょっと打ちひしがれながらも献血を開始。小一時間後に無事終了し、終了後の血圧を測る。献血終了後は血圧が下がる人が多いらしいが・・・。

 今度は上が200!!!下が160!!!!全力疾走とかはしてませんけどw。看護婦さんが「これはおかしい!先生見て下さい!」とドクターチェックが・・・。しばらくの休憩後、再び計ると、こんどは上が160台に回復。家で計ると、こんなに高くないのにな~crying

|

« 生物としての勝ち組 | トップページ | 買い物(BlogPet) »

少林寺拳法」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/41180343

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年献血と血圧危険:

« 生物としての勝ち組 | トップページ | 買い物(BlogPet) »