« 買い物(BlogPet) | トップページ | 携帯の白ロムを入札する »

「世界の中心で、愛をさけぶ」ロケ地(香川の旅2008_その六)

 どんなに他人が駄作と言おうとも、僕にとってこの映画は心を揺さぶる映画であることは間違いない。何故僕が高松の瓦町に泊まったかといえば、セカチュウロケ地に近い駅「八栗」へは、瓦町から行くのが一番スムーズに行けると考えたからだ。

 「八栗」(はちくりかと思ったら、やくりでしたw)へは、ことでんの志度線に乗っていく。瓦町が終点だったかな?だから、線だけ間違えなければ行けるだろう。

No1

それからロケ地へはバスを使って行こうと思ったが・・・

No2

バス停発見note次は何時かな~

No3

coldsweats021時間後ですか?!。歩いて向かおうとも思ったが、時間節約のためもあってタクシーを拾いました。

No5

無事役場前に到着♪タクシー代は1500円くらいだったと思う。ここは、亜紀と朔がオーストラリアに行くため、空港までのタクシーに乗っているシーンで写ったと思う。

No4_2

おおflair村おこしに利用されてるsweat01とてもわかりやすく説明されてるので巡りやすいnote

No6

こういう看板もそこかしこに置いてある。

No7

ここは、右側の空き地に重じいの写真館があって、朔太郞が奥から原付で 走ってくるシーン。この先は港と海がある。

No8

これが写真館跡・・・一番見たかったのにな~weepでも・・・実は・・・。

ここはウォークマンが置いてある電気屋さんのシーンで出てくるところ。本来は電気屋さんではないらしい。

No9

それから海沿いをトコトコあるくと、最初のシーンで朔太郞が叫んでいる防波堤のあるところへ行ける。

No10

これは、夢島で倒れた亜紀を、父親が迎えに来る所。朔太郞が殴られるところだね。

防波堤に行く前に、超有名なブランコのシーンのある神社(皇子神社)の鳥居をすぎる。

No11

No12

これが、朔が走って叫ぶシーンとか、亜紀と下校途中に寄ったシーンで使われた防波堤。映画のように走ってはいけません!と注意書きがロケ地パンフレットに書いてあったsweat01

次に、先ほど通り越した鳥居をくぐり階段を上ると・・・

No13

あのブランコがあるconfident今は、カップルが縁結びのおまじないとして、南京錠をこのブランコに掛けるのだそうだ。庵治の港と町がよく見えるmistshine

ここから山を下り、庵治のさらに先端の方へ歩いていくと、

No14

朔太郞が雨の中バスに乗って、律子を追いかけていくシーンで使われている海沿いの道に出られる。

ここから「夢島」が見えるが、これは映画での名称であって、本来は違う名前らしい。

No15_2

これで見たい所は全部みれたhappy01心残りだったのは写真館だが、しかたないので帰りのバスに乗ろうかと庵治の港方面へ歩いていた。そのとき、資料館?があると看板で見て、寄ってみることにする。

すると・・・

No16_2

あった!!!!happy02感無量crying。飾ってある写真をみてみると、割と最近の、何組かの結婚式の写真だった。この写真館で撮ろう!みたいなイベントがあったみたい。

庵治のロケ地をすべて回ったわけではないが、僕的にはこれで十分だ。よい思い出となったconfidentheart04

つづくcamerashine

|

« 買い物(BlogPet) | トップページ | 携帯の白ロムを入札する »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/41180429

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の中心で、愛をさけぶ」ロケ地(香川の旅2008_その六):

» 世界の中心で、愛をさけぶ [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
世界の中心で、愛をさけぶ (2004) 本作「世界の中心で、愛をさけぶ」は、過去の純愛を胸に抱えた青年の恋愛ドラマです。片山恭一さんのベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」を... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 午後 01時46分

« 買い物(BlogPet) | トップページ | 携帯の白ロムを入札する »