« 皇居へ行く | トップページ | 今度はキラーマシンが(DSドラクエⅤ) »

HORNET 300Vの警告灯を付ける

20080818_1

 KATO-DENKIの「HORNET 300V」について記事を書いたが、本体が外から見える位置に付いていないので写真を載せることが出来ませんでした。本体は外から簡単には見つけられないところについているらしい。そりゃそうだsweat01簡単に見つかったら、警報が鳴っても真っ先に装置を壊されてしまうからねcoldsweats01。ディーラーの担当者の人に聞いたら、こっそりとどこに付いているのか教えてくれました♪。

 この「HORNET 300V」、2ヶ月くらい使ってみたが、かなりいい感じnote。ナカナカの優れもので、使い方も簡単♪誤動作もほどんどなくかなりよい。僕は鳴らしたことはないのだが、オカンはどうやってかよく鳴らすらしいが・・・。

 一つ気に入らない所があって、威嚇というか警告灯が標準ではついていないこと。動作確認程度に小さいLEDが光るが、これでは警告としては物足りない。というわけで、目に見えるような警告灯をつけたflair(オプション品の名前は失念・・・)。これが、ナイトライダー(古w)のランプみたいに、行ったり来たりするように光る。

http://www.kato-denki.com/option/index.html

vitzのイモビライザーが働くと赤いLEDが光るから、カーセキュリティ動作時には青色が光るようにした。「HORNET 300V」をお買い求めの方は、是非このオプションも一緒に購入されることをお勧めする。工賃をいちいち5000円も取られるしsaddollar一緒に付けた方が得だ。

|

« 皇居へ行く | トップページ | 今度はキラーマシンが(DSドラクエⅤ) »

mono(物)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/42201898

この記事へのトラックバック一覧です: HORNET 300Vの警告灯を付ける:

« 皇居へ行く | トップページ | 今度はキラーマシンが(DSドラクエⅤ) »