« やみのトロフィー | トップページ | シムシティDS2をオークションへ »

スタジオジブリ・レイアウト展

No1

 東京都現代美術館で行われている、「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきたdash。前に行ったことがあったが、そのときは車に乗せてもらって来た。今回は電車で行ってみた。「清澄白河」という地下鉄の駅で降りて、あとは歩いて10分くらいだったか。案内もあって、すんなりと行けた。

P1000667

 ジブリの映画は何本か見ているので、生の絵にはとても興味があった。日本人でジブリ映画を見ていない人はほとんどいないと思うが。ナウシカからポニョまでの作品のレイアウトが展示してあった。ほとんど全作品だわな。個人的に好きな作品は、「天空の城 ラピュタ」。当然こちらのレイアウトも展示してあって、見たときは映画の場面が脳裏に鮮やかに蘇った。

P1000668

 どの場面かはっきりわかるくらい、絵は劇中の映像そっくりだ(レイアウトから作っているから当たり前だが)。「千と千尋の神隠し」の油屋なんかはかなり精巧に描かれていて、目を見張るものがあった。

 ちょっと前にMXTVで「アルプスの少女 ハイジ」がやっていたのだが、そのレイアウトもあった(ジブリじゃないが、宮崎駿が手がけている)。アルプスの美しい自然は、あのようなレイアウトによって描かれていたのだな~とわかり感動したweep。ハイジは今年35周年らしく、記念グッズを買ってしまったsweat01。他になつかしもでは、「未来少年 コナン」、「名探偵ホームズ」なんかも展示してあった。

P1000669

 しかし、これのレイアウト展はすごかった。知っている映画が多かったから感動も多かったのかもしれないが、アニメーターとかそういった人たちのクリエイティブさ(どんな表現だか)に驚愕した。ただ絵が上手なだけじゃなくて、それを効果的に見せる技術も凄いんだろう。普通の人には出来ない仕事だな~。だから、クリエイターなんだろうflair。自分の才能のなさにいたたまれない気分になったがcoldsweats01

http://www.ntv.co.jp/layout/

|

« やみのトロフィー | トップページ | シムシティDS2をオークションへ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/42374876

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオジブリ・レイアウト展:

« やみのトロフィー | トップページ | シムシティDS2をオークションへ »