« 膝のサポーター | トップページ | 自動車(BlogPet) »

アナログカメラ(EOS-1)

 写真のお仕事をしている人の間では、デジタル化されて久しいようだ。一眼レフのデジカメが普及してきて、仕事の使用にも耐える物が出てきたからだろう。僕は未だに一眼レフ!といえば、アナログ(フイルム)のしか持ってない。仕事しているわけじゃないのでデジタルでなくて困ることはない。

 持っているのはCANONの「EOS-1」という物。高校生の時にバイトして買ったんだが、奮発してプロ機を買ったcamerashine。プロ機になればなるほど機能が多彩になるのでは?と思う人がいるかもしれないが、逆だと思う。シンプルで壊れにくく、必要な機能だけを詰め込んだのがプロ機と思う。

 現在のデジタル一眼レフでも、上級、中級、入門機なんて、色々なのがでているが、差は歴然とある。デジタルの場合はプロセッサーとかCCDなんかの性能が違うだろうし、耐久性だって違うだろう。僕はアナログのしかしらないのであまり偉そうなことは言えないが。

 もっと原始的なカメラであるアナログ一眼レフは、プロ機とそうでないのは何が違うのか?。カメラがやっていることは、ピントを合わせること(AFカメラだったら)、フィルム(CCDなどのセンサーも)に当たる光を沢山当てるか少なくするかという制御することだろう。実はこれしかやってないんだと思う。まあ、フイルムを巻き取ったり、メモリーカードにデータを撮したりという作業はあるが。

 それを行う上で重要になってくるところを、より強化してあるカメラが高級機となるわけだろう。プロ機はファインダーの視野率が100%あるが、これはピントを合わせたり構図を決めるのに重要(97%以上あれば問題なしという話しも。トリミングしちゃうしね)。シャッターの耐久性が高く、正確なシャッタースピードで切ることができれば、露出(シャッタースピードと絞りで決まるから)も正確になる。

 そんなわけで、デジタル一眼を買うときは、また「EOS-1」と名の付く物がいいなと思うわけだが。とっても高い。フィルム代がかからないから、そのうち元は取れるんだろうが・・・たくさん撮らないとなsweat02。まあ、しばらくはフィルムでいいやcoldsweats01。フイルムにはフイルムにしかでない味があるしね。

|

« 膝のサポーター | トップページ | 自動車(BlogPet) »

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

あたしはデジカメしかないけど一眼レフにはあこがれます☆
フィルムのある感じとか凄い好きです!中学んとき写真やってたので真っ赤な部屋が懐かしかったり☆

投稿: NATSU | 2008年10月10日 午後 10時06分

NATSUさん
一眼レフはいいよね~happy01写真とってるぜい!!って感じがする。僕もデジタル一眼が欲しいです。

僕は高校の時に写真部だったから、暗室の思い出はあるよ~flair。僕の高校は貧乏だったのか、モノクロしか映写機?(名前忘れた)がなくて。モノクロだと、黄色いライトは当てても平気みたいだったよ。なので暗室は黄色のイメージがあるな~。

投稿: 管理人 | 2008年10月13日 午前 11時48分

うちの学校もモノクロしかなかったです(笑)
黄色のライトも大丈夫なんですね☆

投稿: NATSU | 2008年10月14日 午前 12時27分

NATSUさん
そっか~。学校関係はモノクロが多いのかな?。モノクロってだけで味のある写真になるよねflair

投稿: 管理人 | 2008年10月14日 午後 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/42722198

この記事へのトラックバック一覧です: アナログカメラ(EOS-1):

« 膝のサポーター | トップページ | 自動車(BlogPet) »