« ケシ(芥子) | トップページ | 天ぷらの語源 »

会社の隣、積水ハウスで建設中

200810151557000
 いま会社の隣が新しいアパートを建設中である。基礎工事の時は揺れてかなりうざかったが、今は鉄骨を組み立てて壁など貼り付けている工程で、あまり揺れない。しかし基礎工事が終わってからというもの、上物が建つのが早いbuildingdash。どんな建物なのか気になったので、建築物の説明を読んでみた。

200810151601000m1

「積水ハウスのサステナブル宣言」・・・意味わかんないcoldsweats02。よく説明文を読んで、僕なりに理解してみた。どうも、環境に良い建て方をして、住んでからも環境よい暮らしができる、というような意味らしい。たしかに、部材はほとんど規格化されているらしく、どんどん基礎の上に柱を立てて、どんどん梁などをボルト締めしていくから、作業にムダがない。木造の家を建てるときみたいに、大工さんが図面を見ながら柱を切って、継手を作ってはめて・・・とかそういう作業は全くしてない。聞こえるのは電動レンチでナットを締める音ばかり。家を建てるっていうより、レゴでお家を組み立てるって雰囲気。

200810151605000

ここまで組み立てるのに半月?くらいしか経ってないような。このアパートは三階建てみたいだが、建てているのが10月で、11月中旬くらいには出来ちゃうんじゃないだろうかsweat01。こんだけ太い鉄骨だし、基礎もかなり深く杭を打っていたから、強度は問題ないんだ思う(専門外なので詳しくは不明)。思ったのは、現在は昔風情な家を建てる大工さんというのは廃れてて、規格化された部材を効率よく組んでいく組立屋さんが流行ってるんだなということ。時代の流れというのに逆らうのはよろしくないが、昔の技術みたいのも残していって欲しいなと思うわけであります。


|

« ケシ(芥子) | トップページ | 天ぷらの語源 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/42825201

この記事へのトラックバック一覧です: 会社の隣、積水ハウスで建設中:

« ケシ(芥子) | トップページ | 天ぷらの語源 »