« 会社の隣、積水ハウスで建設中 | トップページ | 「サッポロ 冬物語」 »

天ぷらの語源

 皆さんご存じの、南蛮渡来の食べ物、天ぷら。この前飲み屋さんで天ぷらを食べてたんだが、何となく語源が気になったので調べたテンプーラhappy02

 お恥ずかしながら、京都の宇治に行ったときおそば屋さんに入ったんだが、「天麩羅」と書いてあってなんて読むのかわからんかったweep。友達に聞くと、「天ぷらだよ・・・」と冷たく・・・sweat02仕方ネーじゃん!バカなんだもんpoutとそんな関係ない話しは置いといて、この「天ぷら」、語源には諸説あるみたいだが、伝わったとされる戦国時代といえばポルトガルとの取引が真っ先に頭に浮かぶので、ポルトガル語説を紹介しよう。

 ポルトガル語で「temperar」という言葉があるらしいが、これが動詞で「調味料を加える」とか「油を使用して硬くする」とかって意味らしい。これが語源になっているという説がある。英語の「fry」みたいな、はっきりと油で揚げる!言葉じゃないのか。調理全般を指す言葉なのかな~。

思ったのは、当時の日本人が「ねぇねぇ、その食べ物どんな物なの?」って聞いたときに、
葡人が「うんとね、調味料(塩とかこしょうか)を付けて作ったりね、硬いものなんだよ」と説明。
日本人は「・・・??、『temperar』って言葉を何度も使っているから、テンプラ!って名前なんだね!」
葡人「・・・違うけど、それでいいんじゃない!」

てなふうに、油で揚げた物が、「天ぷら」となったのかもしれない。上に書いた問答は、僕の妄想ですcoldsweats01

ちなみに、漢字の「天麩羅」は、「天」が天竺、「麩」が小麦粉、「羅」が薄い衣って意味らしい。詳しくは、こちらをどうぞ(http://www.nisshin-oillio.com/q_a/5_q2.shtml)。

他にも色々な説があるみだいだが、まあ「天ぷら」といったら何物かは日本人なら誰でもわかるくらい定着しているから、語源はさておいてこれからも「天ぷら」となんだろう。

|

« 会社の隣、積水ハウスで建設中 | トップページ | 「サッポロ 冬物語」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/42847458

この記事へのトラックバック一覧です: 天ぷらの語源:

« 会社の隣、積水ハウスで建設中 | トップページ | 「サッポロ 冬物語」 »