« バリスタ | トップページ | 福袋2009(エディー・バウアー) »

2008年下半期の反省

 さてさて、今年も終わろうとしております。このブログを読んでくれている方、本当にありがとうございます。毎日100人くらいの人が訪れてくれます。筆者としては嬉しい限りでございますweep。来年もよろしくお願いします。

 下半期の反省ということで、上半期にやることを挙げていたのですが(ここをみてね)、その達成度合いと結果などを簡単に書きましょう。

・県大会にでる → 予選で落ちたと思い、本戦は出ない・・・(逃亡者と呼ばれるはめにcrying)×
・市大会にでる、もしくは審判 → 優秀賞(二位)で銀メダルをもらうcrying雪辱○
・合宿 → 無事に終わる○
・電験三種を受ける? → やる気がなくなって放棄dashdash×
・大拳士へ昇格? → まだ一年経ってないからか、先生からもなにもなし△
・権中導師へ昇格? → 申請は毎年二月なので、もう少しで案内が来るか△

とこんな感じ。五分五分だな・・・。

ここに挙げていない事であった出来事といえば・・・

・車をこする(僕じゃないけど)
・lushの石鹸を使い始める
・五段の宿題論文が入選する(武専の論集に名前だけのるnote
・信用取引でペアトレードが成功dollar
・新しいPCのケースを買う(MINUET350)
・新しいプリンターを買う(MP980)

こんなところかなflairまあ、ぼちぼちだな~。凄くいい事もないが、死ぬほどまずいこともなかった。運は小出しの方がいいだろうから、まあこんなでいいかな。

さてさて、来年はどんな年になるかな~。六星占術だと「財成」なんで、お金に関してはいいことがあるかもねdollarhappy02


 

|

« バリスタ | トップページ | 福袋2009(エディー・バウアー) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/43526105

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年下半期の反省:

» 六星占術と細木数子 [六星占術と細木数子]
六星占術は細木数子の提唱する中国四千年の歴史から伝えられている統計学をもととした占いの一種です。最近携帯で占いが見れるとテレビでCMもやっています。 [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 午前 09時25分

« バリスタ | トップページ | 福袋2009(エディー・バウアー) »