« マーク(BlogPet) | トップページ | R33GT-Rとあだ名で・・・ »

如意棒作成記_その壱

 先日、道場に先輩が手作りの如意棒を持ってきた。flairhappy02かっくい~オラも作る~sign03ということで、先生が持ってきてくれた藤づるから作ってみることにした。作り方は先輩から教わったnote。如意棒というとドラゴンボールの悟空が持っているやつをイメージするかもしれませんが、これは自在には伸び縮みはしませんsweat01

200901120819000

最初はこのような長い状態だった。如意棒の長さは、手に持って肘より長くなる位がよいときいた。杖術の杖や錫杖も六尺とか和式の長さで表されてるから、自分の腕の長さと合わせて、如意棒の長さを一尺五寸(450mmくらい)にした。でもって、のこぎりでギコギコ・・・

200901120822000

で、これくらいの長さにflair。あとは皮をむいたり、出っ張り(小枝の根本とか)を平らにしたりしていく。とりあえず本日は皮をむいて、ヤスリで形を整えるところでやめた。ナイフを使ってやったんだが、大体二時間くらいでキレイになってきた。僕の作業がおそいのか・・・もっと上手な人は早くできるかも。

200901120825000

これからはもう少し磨いて、クルミの油を塗ると完成。クルミの油は先輩から分けてもらえることになったhappy01ありがたや~。大きさはメンソレータムの大きさから想像して下さい。なかなか持ちやすいし、力も入れやすい。ねじりが効いてる所で殴られたら、痛いだろうな~weepshine。武器ですが、身を守るために使うんですからねsign03

その弐に続く・・・・・・・・

|

« マーク(BlogPet) | トップページ | R33GT-Rとあだ名で・・・ »

mono(物)」カテゴリの記事

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/43716306

この記事へのトラックバック一覧です: 如意棒作成記_その壱:

« マーク(BlogPet) | トップページ | R33GT-Rとあだ名で・・・ »