« ハヤブサになりたいの~ | トップページ | 30周年(川崎柿生道院)(BlogPet) »

30周年(川崎柿生道院)

 さて、去年の秋くらい?から発行になった、金剛禅の広報誌「あ・うん」。こちらの今月号(2月号かな)の最後の方に、川崎柿生道院の事が載ってました。創立30周年で表彰されたみたい。柿生道院が今年(本来は去年らしいが)で30周年を迎える。先生が私財をなげうって道場を建ててくれたおかげで、我々は快適に稽古に励めます。ありがとうございます(柿生道院については、このホームページを見てね♪)。

 20周年の時はもう道院に所属していたんだが、あれから10年か・・・。早いな~coldsweats01。当時子供だった子は、当然ながらそれなりの大人に。当時好青年(嘘w)だった僕も、好壮年へなっていくわけです。生きていれば年はとりますからね。

 20年はやってないが、15年は少林寺拳法をやっている私。いつまで経ってもへたくそなんですな~。10年前は体力でごまかせたものも、ジジイになってくるとそうもいかない。体力を補うために巧さみたいのが増してこないと、続けるのは難しい。トレーナーみたいに指導が中心になれば、技巧の知識と口があればよいだろう。しかし、実際に技をやるとなると、体力と技巧を組み合わさないといけない。その比重が、年を追うごとに後者が勝ってこないといけないわけですな。

 だれだって体力は落ちてくる。「年齢に応じた稽古をするように」と教範に書いてあるが、よく言ったもので「年甲斐もなく無茶するなよ!」って意味だろう。生老病死の苦しみについてお釈迦さんも言ってますが、老いることは苦しみなんですな~。それを認めないと、さらなる苦しみが待っているわけで。仕方のないことは、受け入れていくしかないのです。老いたということは、それだけ生きたという証でもありますから。まあ拳法の方は、そこそこ頑張って、だらだらとでも続けていきましょうcoldsweats01

|

« ハヤブサになりたいの~ | トップページ | 30周年(川崎柿生道院)(BlogPet) »

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/44290100

この記事へのトラックバック一覧です: 30周年(川崎柿生道院):

« ハヤブサになりたいの~ | トップページ | 30周年(川崎柿生道院)(BlogPet) »