« 小さいオイルヒーターを買ってみる♪(デロンギ) | トップページ | ファミコン探偵倶楽部 »

鼻水吸い過ぎ性難聴

 最近は、風邪、花粉症なんかで、鼻をすすっている人をよく見る。鼻水が垂れたらちょっと吸い込んで鼻に戻す、というのは、まあ普通の行為だろう。しかし、僕はこれをやり過ぎて、難聴になってしまったことがある。幼稚園の時らしいが、本人は全く覚えてない・・・。そして気が付いてもいなかったらしい。

 まずどうなったかというと、人の声とかが聞き取りにくくなったらしい。本人の申告なく何故気が付いたか?それは、幼稚園の先生が「ないとうくんは、おともだちが話しかけているのに聞かなかったり、私が話しかけてもしらんぷりするときがあるんです」とカアチャンに伝えたらしい。これだけ読めば、軽い問題児状態だなcoldsweats01。続けて、「もしかして、耳が聞こえてないんじゃないですか?」と言ったらしい。

 これは!!??と思ったカアチャンはオイラを連れて耳鼻科に行った。すると、難聴という事がわかった。なんでも、鼻水を吸いすぎて、耳の奧?が詰まったとか。それで聞こえづらい事になっていたとか。吸ったものは押し戻さないといけない!ということで、耳に何かのチューブ?みたいのをつけて、圧力をかけそれで鼻水を押し戻したらしい。そんな治療をしばらく続けて、無事聴力は回復した。

 突然これを書いたのは訳があって、先日シャワーしていて手鼻をしたら(お下品ですなcoldsweats01)、耳の奧がゴゾゴゾ!!と凄い音が鳴ったのだった。「耳の奧ですげーおとがなったよ~happy02」というと、「!!!あんたはこれこれかくかくしかじかで」と上記の事を教えてくれた。これがきっかけで、書いたわけである。

 多感な時期に一時的ではあるが難聴になったおかげで、誰の言葉にも耳を貸さないような、そんな強い意志をたまに発揮する青年(今はもうおっさんですが)になったんだろうconfident。なんて自分で言う事じゃないなアハハ。とにかく、鼻をすする人は多いが、難聴になってしまうときもあるから気をつけて欲しいと思う。

|

« 小さいオイルヒーターを買ってみる♪(デロンギ) | トップページ | ファミコン探偵倶楽部 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/44220404

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻水吸い過ぎ性難聴:

« 小さいオイルヒーターを買ってみる♪(デロンギ) | トップページ | ファミコン探偵倶楽部 »