« 権中導師へ | トップページ | 春間近、外で撮影してみる♪(EOS 5D Mark II) »

「携帯電話は優先席から22cm以上離れてご利用下さい」が正しい

 毎日のように電車に乗っていると大体読むか聞く、「優先席付近では電源をお切り下さい」というメッセージ。以前から疑問に思っていたんだが、ホントに心臓のペースメーカーに影響があるんだろうか?。日本以外の国では、ほどんどこのような警告は言わないらしい。だいたい、付近って何mのこと言うの??。

 携帯電話がやり玉になるが、電磁波を出している機器は他にも、電子レンジ、TV、通信機能があるゲーム、パソコンと身の回りにあるありとあらゆる電化製品から出ているといっても過言ではなかろう。電車のモーターからも沢山でてると思うし・・・。
 では実際に、そういう通信機器なんかの影響を受けてしまった事故があったのか?というと、心臓のペースメーカーではないらしい。航空機では誤作動させてしまった例が実際にあるらしく、最近では使用禁止(機器によって規制が異なる)になっている。
 今回は心臓のペースメーカーの事を書きたいからそれについて紹介するが、総務庁が平成14年に行った調査では「11cm離れるとほぼ影響なし」という結論だった。安全のために22cm以上離した方がよいらしい。

 11cmといったら、結構近い。満員電車ならこれくらい寄っているだろうが、空いている電車だったら22cm以上離れている。だから、優先席付近といえども、空いている時間であれば電源を切る必要はないと思う。実際計ってみればわかるが、22cmは僕の場合は体の中心から肩の付け根くらいまでだ。だから、立っている状態だったらば、ぐるっとその場で一回りできるほど空いていれば、たとえペースメーカーを装備している人がいても安全というわけだ。座っている時なら、体の中心部分で携帯を使えば、隣の人にペースメーカーに影響を与えるような電磁波は届かないということ。

 電車のアナウンスはこのように言った方がいい、「携帯電話をお持ちのお客様は、優先席付近から22cm以上離れてください。また座っている場合は、体の中心部分で機器を操作して下さい」と。携帯の電気を切らない奴はマナーの悪い奴というのは、あまりにも短絡的な考え方だ。正しい知識を持てば、より安全に快適に使えるはず。だから空いている電車だったら、「電車でメールなんて打ちやがってこのやろ~angry」とプンスカする前に、「おお、あの人は人類から22cm以上離れて使っているから、マナーがなってるな~confident」と考えるべき。
 「電車内で携帯を使って会話」というのもプンスカする人がいるが、電磁波の件は上記した通りだし、あと問題なのは声の大きさか?。これは電磁波とは全く別問題。でかい声で話すからといって、電磁波が増えるわけではないので。声の大きさが問題なら、女子高生がキャピキャピ話しているのとか、おじさん達のでかい声での世間話とかは何で規制されないの??と疑問になる。これには別の思惑があるらしいので、そのうち調べて書くことにしよう。


参考にしたページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/電磁波

http://ja.wikipedia.org/wiki/心臓ペースメーカー

|

« 権中導師へ | トップページ | 春間近、外で撮影してみる♪(EOS 5D Mark II) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この件に関しまして。
まだ、電車内で携帯OFF規制がなかった頃なんですが。
自分の友人が、電車内で、携帯電話で話している人に、年配の方が「やめてくれ~」とお願いしていた現場にいあわせたそうで。
そのとき、疑問に思った友人が、その年配の方にきいたことが、このペースメーカとの関係だったそうです。
それで、友人は、鉄道各社に、携帯電話とペースメーカの関係について投書をし、なぜ携帯電話をOFFさせないのかをきいたらしいです。

というのも、一般的に携帯電話をいつでもしなければならないほど急を要することがあるのか?ということを考えると、もしも何かあった場合に困るのはペースメーカの方ではないのかと思ったからだそうです。

そのころのペースメーカと今のペースメーカとでは、性能も違うでしょうから、今は、22cm離れていてばよいかもしれないです。
自分は、友人からの話をきいてから、携帯電話がOFFの領域ではOFFするように心がけています♪

投稿: そんQ | 2009年3月25日 午前 08時56分

 僕も治療院でそのような場面を見ましたよ。ペースメーカーを付けてらっしゃる方は気になさっているようでした。
 文中に上げている調査の件ですが、聞いた話だと色々な年代の機械を調べたそうです。古い機械は影響を受けやすいとか。新しいのは、ほとんど大丈夫みたいです。
 現代は電磁波が巷にあふれているわけですから、かんたんに誤作動してしまっては、命がいくつあっても足りませんねcoldsweats01
 ハードレベルで、電磁波を出す側、影響を受けるとされる側の双方で対策が練られるといいですね~。

投稿: 管理人 | 2009年3月26日 午前 11時11分

私の子供が2歳の時に心臓ペースメーカーを入れました。6年前のことです。
当時から「携帯電話の電波による誤作動の恐れがある」として22㎝話すようにとの一文がペースメーカー手帳にありました。
そのため2年ほどは自宅では携帯電話の電源を切っていましたが、調べると「携帯電話が原因の事故は、世界中で過去に1件もない」とのことです。その後、定期検診の時に主治医の先生やペースメーカーの担当者と話しましたら、「携帯電話によるペースメーカーの事故はありえない」とのことでした。
ペースメーカー装着者の多くが自分でも携帯電話を使用しており何の異常もないこと。22㎝離す根拠が「2002年に当時でも古い機械を、むき出しの状態で実験したら、その中の一つが14㎝で誤作動が見られたことだそうです。その誤作動も重大なものでなく命にかかわるものではないこと、また15㎝以上離せばすぐに元に戻る程度のもの」とのことでした。
これを聞いた時から4年間、夫婦で2台の携帯電話を電源を切ることなく使い続けており、3か月ごとの検診でも全く問題はありません。
重ねて言いますが、携帯電話でペースメーカーが深刻な影響を受けることはありません。

投稿: 心臓病の子の父 | 2009年4月 1日 午後 04時36分

心臓病の子の父さん
コメントありがとうございます。参考になりました。自分の周りでペースメーカーを付けてらっしゃる方はいないので、このような生の声というのでしょうか、リアルな情報はとても参考になります。
携帯電話を悪者扱いするのは、電車会社が考えるマナー向上に便乗しただけみたいですね。電車で電源を切ってくれというのは日本だけらしいですし。昔の電話はマイクの性能がよくなかったので、皆大きい声で話しをしたものです。しかし、今は割と小さめの声でも聞こえますし、乗客の話し声の方が大きい事が多いですよね。
ペースメーカーに影響を与えないとわかっても、公共の乗り物で無茶な携帯の使い方は、人としてマナー違反ではあります。節度をもって使用していきたいと思います。

投稿: 管理人 | 2009年4月 1日 午後 04時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/44367222

この記事へのトラックバック一覧です: 「携帯電話は優先席から22cm以上離れてご利用下さい」が正しい:

« 権中導師へ | トップページ | 春間近、外で撮影してみる♪(EOS 5D Mark II) »