« ビールと唐揚げ!!と言いたいが・・・ | トップページ | SSDの寿命 »

一級管工事施工管理技士

 今日から四月なんですが、昨年は五段の試験を受けに四国に行ってましたね~。もう一年も経ってしまったのかcoldsweats01。ここ数年は博士課程入試試験、二級管工事、五段試験・・・・と毎年毎年何かしら試験を受けているわけです。今年はまだ何も受けようと思うのがないので、じゃあ一級の管工事でも受けてみるか~と気楽に計画。しかし、一級は二級とは違って、けっこう難しいらしい。

 二級は学科が約50%くらいで実技が40%くらい、一級は学科が30%くらいで実技が60%くらいの合格率になっている(こちらを参考にしました♪)。この試験は、知識を問う学科試験と、より実務に近いような事柄を考える実技試験とに別れる。学科が受かれば、その後免除期間がある。二級は一発で受かったんだが、学科と実技の合格率を掛け合わせると、一回で受かるであろう人は全体の20%くらいなのか。これが一級だと、18%くらいか。結構難関だなsweat02。まあ、一度に受からなくてもいいわけだが、できるならば一回の方がいい。

 申し込みは五月の上旬からなので、テキスト買って、やれるかどうかちょっと勉強してみるかなbookconfident。何かを学ぶっていうのは、おもしろいやねnote。家はダクト屋なんだけども、「管工事」だから配管の問題とかもでる。給水とかだと、これがまた業務とは全然違う分野でちんぷんかんぷんsweat01。資格っていうのは、往々にしてそうだよねcoldsweats01。仕事とは関係ない事も勉強しないと受からないし・・・。知識が増えるのはいいことだろうけどね。


|

« ビールと唐揚げ!!と言いたいが・・・ | トップページ | SSDの寿命 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/44470432

この記事へのトラックバック一覧です: 一級管工事施工管理技士:

« ビールと唐揚げ!!と言いたいが・・・ | トップページ | SSDの寿命 »