« 山ツツジを撮ってみる | トップページ | 卒業証明書を取ってくる(BlogPet) »

卒業証明書を取ってくる

 管工事施工管理の1級を受けようかと、書類をそろえていた。僕は一応大卒なので、卒業後4年6ヶ月で試験が受けられる。で、学歴で受けようとすると、卒業した学校の卒業証明書が必要になる。そんなわけで学校へ行ってきた。
 僕は専門学校に行ってから、大学へ行った。学士は目的じゃなくて、”大学院”というものに行って研究をしてみたかったわけ。大学院の学士前期課程(修士)を受けようとするときは、大学を出て学士を持ってないとだめだ。だから、大学に行った。
 社会人になってからの大学、大学院だったので、毎日通うとかは無理。なので、調度法改正で通信の大学院が認可された時期だったので、通信の大学院に行ってみた。受験は普通にあって、まあ面接も口八丁手八丁で受かったcoldsweats01。目的の修士は取れて、紀要に論文も一つ出せた。それなりに目的達成はした。それから後期課程(博士)を受験したが、落ちた・・・weep。英語がとことんできなかったので、当たり前と言えばそうだが。 

 久々に大学に行って、当時の気持ちみたいのが蘇ってきた。もっと崇高な目標を持っていたかな・・・というか、無茶な目標だったのかもしれないが。あの時の行動力は驚くものがある。自分の事だがそう思う。なにか、背中を押されるような感じで、直感でやっているような感じだが、ドンドンうまく行って先に進んだ。今では、うたかたの夢のように思える。
 あれから何年経ったのか・・・といっても2年くらいか。頭が萎えない程度に、少林寺拳法の論文を書いたり、資格の勉強とかはしている。拳法の論文は大学院で勉強したことを応用して書いたんだが、入選したし勉強もムダじゃなかったんだなと思った(というか、けっこう自信作だったので、入選しなかったら拳法をやめるつもりだったcoldsweats01)。

 ”うたかた”というのは、水の上に浮かぶ泡のこと。夢はうたかたで済むが、現実はそうじゃない。家の近所に音大が出来た。僕のやっていた研究に近いことも行われているかもしれない。そういう現実から逃げようとしていたが、大学に行ってなにかくすぶっている何かを感じた。
 もしもう一度研究を始めるなら、拳法は休むし武専も休学する。博士課程なら仕事も辞めるだろう(やめなきゃ出来ない)。また、たくさんの偶然が重ねって、縁が生まれるかもしれない。
 どうなるかわからないが、そんなときは現状のままで生活して直感に頼るのがいいと思う。それが自分にとってやるべき事なら、いつかかならずそのときはやってくる。やらなくていいことなら、どんなに頑張っても縁は生まれない。あの時の直感と勇気を忘れなければいいだけさ。そうすれば、きっとうまく行く・・・。
 

 

|

« 山ツツジを撮ってみる | トップページ | 卒業証明書を取ってくる(BlogPet) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/45063436

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業証明書を取ってくる:

« 山ツツジを撮ってみる | トップページ | 卒業証明書を取ってくる(BlogPet) »