« ご飯だな~ | トップページ | 「トランスフォーマー リベンジ」をみる »

パソコンを新調2009_その四

 ハード的な組立は終わって、今度はソフトを入れていく作業。今回買ったMBはGIGABYTEの「GA-EG45M-UD2H 」だが、チップセットはG45+ICH10Rという構成。OSはXPを入れようと思っているが、SATAの能力を真に発揮できるAHCIモードを使ってみようと考えた。このAHCIだが、XPには標準でドライバがないらしく、インストール時にドライバをFDDで入れるか、インストール後に「IDE ATA/ATPIコントローラ」のドライバを更新するしかない。FDDはしばらく使ってなかったので今回も使いたくないな~と思い、僕は後者の方を試してみた。

 XPのインストール自体はそれほど難しくない。”ようこそ”って画面が見えて、コントロールパネルが開けるようになったら上記のドライバを更新した。すると、突然シャットダウン・・・・crying。再起動して、”深刻なエラーから復帰しました”なんて表示するダイアログが出てきた。どうも僕の環境だと、OSインストール後の”IDE ATA/ATPIコントローラ”の更新はダメらしい。しかたないので、FDDを引っ張り出してきて、OSインストール時にF6を連打して、FDからドライバをインストールすることにした。ドライバはインテルからDLしてきた。
 
 MBのBIOS設定でAHCIが有効になっていると、対応してないOSやドライバがないOSは、起動時にブルースクリーンになるかHDDが認識できず再起動を繰り返す。一度OSは入れたがこのときはAHCIを無効にしてインストールした。ドライバを用意してOSを再起動するときは、まずMBのBIOSでAHCI有効にしてからOSのCDを立ち上げる。勝手にドライバをインストールされるまえにF6を押して、任意のドライバーを入れるようにする。FDを入れてくれ~とメッセージがでるので、用意したドライバFDをFDDに入れる。あとは自分のチップセットに合ったものを入れればいい(今回は”ICH10R”)。

 久々にFDDを使ってしまったsadsweat01FDDはあったんだがケーブルがなくて困った。探したらでてきたのでよかったが。次はFDを探してしまったsweat02。道具とタイミングを誤らなければ簡単に入れられた。すげーはえーsnaildashという感じでもないがcoldsweats01まあ早い動きなHDDだと思えた。ドライバに関しては参考にしたページのブログを参照されたい。MBの説明書にもAHCIドライバFDの作り方が仰々しく書いてあったが、僕はインテルのドライバソフトを起動→エラーだけどほっとく→windowsフォルダのTEMPのINTEL?の下のINF??の下のwinallだったかcoldsweats01を見つけ→それをFDにコピーしてドライバFDとした(正確なフォルダについては参考文献をみてね)。こんないい加減な作業だが、ちゃんと入ったsweat02

200906230954000

しかし、この画面をなんど見た事やら・・・sad無事に動くようになってよかったけど。改めて、レガシー的なデバイス(FDD)も大切なんだな~と思った日であった。

その五に続く・・・・・・・・・・


ちょっとしたメモ程度のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/miinoramiinora/54844123.html

|

« ご飯だな~ | トップページ | 「トランスフォーマー リベンジ」をみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/45446511

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを新調2009_その四:

« ご飯だな~ | トップページ | 「トランスフォーマー リベンジ」をみる »