« 完全セルフサービスだが格安 | トップページ | VAAMの粉タイプを買ってみる »

「猫の恩返し」を見てみる

N_611vwdg8046pl

やっとこさ見てみたsweat01公開は2002年なのか・・・随分昔だな~。まあ、アニメだし、そんなに古めかしいという感じはないが。

「耳をすませば」のバロン?で一つお話を作ったというもの。なかなかと面白かった。声に聞き覚えがあるな~と思ったら、池脇千鶴がやってたのね。最近のジブリ映画は声に違和感があるときがあるが、これは全然平気だった。むしろよかったnote。カラスの声はよくなかったが。

日常世界から異次元へ行くというファンタジーは、現実社会の主人公とのなんらかの交互作用(主人公に向けた主効果だけでもいい)を与え合って終わることが多い。でないと、その映画におけるファンタジー世界の存在意義がないわけだ。リアルな世界から見ると特異な世界の存在へと、自然に関わらせていき、そしてその世界から戻していくかというのが重要だろう。

現実世界の雰囲気と似かよっている設定で入っていくと、そんな不思議な世界があるのかもな~confidentなんてロマンチックになる。しかし、突飛な方法で異次元へ引きずり込まれると、こんなのないな~gawkと目が覚める。そういうのが、パラレル世界観ファンタジー(勝手にこう呼ぼうcoldsweats01)の難しさなんだろうか。おもしろければいいんだけどさ。

「耳をすませば」の舞台は、実はいますんでいる所のそばだったりする。ファンが設置しているノートがあるとかって話しだが、今度行ってみようかなconfident。たまにこういうおとぎ話にワクワクするのも楽しいもんだ。

|

« 完全セルフサービスだが格安 | トップページ | VAAMの粉タイプを買ってみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/46345128

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫の恩返し」を見てみる:

« 完全セルフサービスだが格安 | トップページ | VAAMの粉タイプを買ってみる »