« 秋山兄弟生誕地とミュージアム(2009年愛媛の旅) | トップページ | 道後温泉のカラクリ時計と道後放生園(足湯)(2009年愛媛の旅) »

松山城(2009年愛媛の旅)

 前回書いたのは秋山兄弟生誕地についてでしたが、これは松山城に登るロープウェイ乗り場に向かう道の途中にあったんです。今回は松山城の話し。詳しくは別のページを調べてもらうとしてsweat02、僕の撮ったお城の写真とともに感想を書いていきます。

 ロープウェイは普通なんで撮りませんでしたが、乗り場近くの踊り場にお城に乗っていたしゃちほこが飾ってありました。
Img_1146
意外と小さいな~fish

それからガタゴト・・・と登っていくと、
P1000196
おおflair見えた見えたhappy02これからが大変なんだけどね・・・

少しあるくと、石垣のそばにいきます。櫓がありますね。
Img_1156
結構高い石垣だ~。戦火で消失してしまったとききましたが、石垣は残っていたのかな?。キレイに積んであるな~。

Img_1171
日本のお城は石垣が美しいな~flair上に向かって傾斜がきつくなる構造で、簡単には越えられないようになっているみたいですね~ニンニンcatface

エッサエッサ・・・sweat01
Img_1179

ここで一休みcatfacesweat01
Img_1180
瀬戸内海が見える広場がありました。

よい眺めだな~coldsweats01昔の侍さんはどんな町を見ていたんだろうか。
Img_1183

これは門の金具ですな。
Img_1184
ここまで来るとだいぶ天守閣に近くて、あともう少しという感じです。天守閣は別料金なんですが、ここまで来て入らないのもなと、払って入りましたdash

これが中庭からみた天守閣。
Img_1223
海風っていうんでしょうか、凄い寒かったcrying

中は鎧とかが飾ってあって、資料館のようになってました。

窓(とは言わないんだろうが・・・)が開いていて寒かったんですが、よく町が見えてました。
Img_1229
お殿様も眺めてたのかな~confidentオヌシモワルヨノ~ウシシ、とか??。瀬戸内海と町を一望できるように建ててあって、国防上の索敵行動とか権力のシンボルとかいう意味ではよかったのかもしれませんな。姫の帯を引っ張って、あ~れ~bearinglovelydashとか?ムフムフheart02。寒すぎて変な想像をしてしまったとお考え下さいcoldsweats01

このお城は途中で書きましたけども、戦火で焼けてしまって再建されたもののようです。近代のお城再建はコンクリートで行われることが多いのに、このお城は木などの昔ながらの材料で作り直されたことが特徴だとか聞いた。資料館には木材の継手も展示されてて、大工さんのすご技を見ることができます。

お侍の封建的な社会がいいとは思えませんが、このような文化が日本にあったんだよ~ということは伝えて行かなくてはなりませんね。

つづく・・・

|

« 秋山兄弟生誕地とミュージアム(2009年愛媛の旅) | トップページ | 道後温泉のカラクリ時計と道後放生園(足湯)(2009年愛媛の旅) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/47136494

この記事へのトラックバック一覧です: 松山城(2009年愛媛の旅):

« 秋山兄弟生誕地とミュージアム(2009年愛媛の旅) | トップページ | 道後温泉のカラクリ時計と道後放生園(足湯)(2009年愛媛の旅) »