« 鮭茶漬けだな | トップページ | 横須賀土産のウッドアイランド「よこすか海軍カレー」を食べる »

mediatombのデータベースをMySQLにしてみる(HS-DHGL)

先日、家のHS-DHGLをdebian化して、Etchから Lennyへしてみたと書きました(記事はこちら)。僕の方法では起動できなくなる恐れがあるので、よいこはまねしちゃいけない感じですがcoldsweats01。僕のHS-DHGLは、それ以降も無事に動き続けています。それで目的であったメディアサーバーの「mediatomb」構築は、アップデートのおかげもあってか簡単に終わりました。

色々と先人さんの記事を読んでいると、「mediatomb」のデフォルトのデータベースが「sqlite3」というものらしく、あまり評判がよくないみたい。遅いとかなんとか・・・。皆さんは「MySQL」に変えているみたい。じゃあ僕もやってみようかなと、設定を変えてみた。

まず、データベースなんてこしらえるのもいじるのも初めてで、さっぱり・・・coldsweats01。まあいいやと、参考ページの通りにやってみる。作業はそんなになくて、mediatomb用のデータベースをMySQLに作って、mediatombの設定ファイル(/etc/mediatomb/config.xml)を変えればいいだけ。

で、やってみたんだが・・・・できんcryingログにエラーが記録されている(/var/log/mediatomb.log)。データベースにアクセスできないよ~みたいなメッセージ。おかしいな~と色々見ていると、mediatombのデータベース
の設定が間違っていた・・・。IDとかパスワード、データベースの名前なんかを指定して再起動したら、無事に動いたhappy02ヤタ。

こっちの方が早いのか・・・うーんわからん・・・。特に不具合もないし、しばらく使ってみるかなhappy01。しかしな~まだ文字負けしてるんだよな~sweat02文字エンコーディング設定をUTF-8にしたんだけどね・・・。まあいいやcoldsweats01

参考にしたページ
なんだかなぁ・・さんの「Mediatomb(@Ubuntu 9.10)」http://blog.goo.ne.jp/j_rinka/e/cbedc08a9a7108d8475d2b2e9ca3a44b

ThinkITさんの「第4回:Ubuntuを使ったWebサーバ構築」
http://www.thinkit.co.jp/article/84/4/2.html

|

« 鮭茶漬けだな | トップページ | 横須賀土産のウッドアイランド「よこすか海軍カレー」を食べる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/48106330

この記事へのトラックバック一覧です: mediatombのデータベースをMySQLにしてみる(HS-DHGL):

« 鮭茶漬けだな | トップページ | 横須賀土産のウッドアイランド「よこすか海軍カレー」を食べる »