« カニNICとubuntu | トップページ | Panasonicの3Dテレビ(3D VIERAのVT2シリーズ) »

英語の"I"と日本語の"わたし"

 以前、大学の心理学の授業で、講師が中学校の英語の先生に「"I"は文中でも大文字なのか?」と聞いたそうな。英語の先生は嘲笑しながら、「決まりです!」と言い放ったとか。これは英語の先生の怠慢だな。よく考えれば不思議。なんで"I"のまんまなんだろうね。"You”とか”He”、”She”は、小文字になるのにね。

 先日書いた「”僕”70%、"俺"20%、"俺様"10%」の記事を読み直してて、ふとこのことを思い出して、英語の"I"と日本語の"わたし"の事を考えてみた。

 記事にも書きましたが、日本語で一人称の言い方は沢山ある。「わたし」、「わたくし」、「おれ」、「おいら」、「ぼく」、「あたし」、「あたい」、「うち」、「わし」、「自分」、「あちき」、「わがはい」(ウィキペディア、2010)。どれもこれも英語なら”I”なんだが、日本人が聞けばちょっとずつニュアンスが違って聞こえるはず。

 いろいろ踏み込んで書く前に言いますが、僕は言語学者でもないし、英語の事(日本語も?!)もそんなに詳しくないです。だから、信憑性のあまりないコラムとしてお読み下さいませcoldsweats01

 その英語の先生に嘲笑されちゃった講師は、後日心理学者になって、知り合いの言語学者にこのことを聞いたそうな(凄い執念coldsweats01)。そしたら、「英語というのは個を大切にする言語で、だから"I"は大文字のままなんじゃないだろうか」との答え。従って、"I"を文中でも大文字で書くのは決まりではあるが、それには個人を大切にするという深い想いが込められているから、ということになる。こう書くと凄く素敵な言語に聞こえますが、使っている人は協調性のない自己中心的な人ばっかりになっちまうんじゃね~の??bearingなんて不安も・・・。

 一方日本語では、沢山の一人称の言い方がある。先に挙げましたが、凄い数。普通の一般人が使うのはいくつかだけど、たまに珍しい自分の言い方を言う人もいる。文章では「わたし」で決まってますな。小説ならまだしも、作文で「わがはい」とか「あたい」なんて書く人はいないわな。

 このことから、日本語では話し言葉での一人称の言い方が沢山あるといえる。話すというのは、他人(自分以外の人間)とコミュニケーションをとる、ある一つの方法だ。このとき、TPOを考えて行動しないと、円滑に事は進まない。うまくいこうがまずかろうが、これを考える事は他人と接するなら絶対に必要なことだ。

 日本語は主語を省略しても意味が通じるが、誰がどうしたいのかわかりずらくなる。”バナナを運ぶ”(机にバナナが置いてあるのでbananapenguin)という事を例に挙げて書いてみよう。

「バナナ持ってきた」

と言えば、誰かが持ってきたんだな~とは思うが、明確に誰が持ってきたかわからない。誰のでもないなら(所有権が明らかじゃない)、俺くっちゃおうかなhappy02なんて輩もいるかも。


「僕はバナナを持ってきた」
だと、バナナを持ってきたのが誰だかはっきりする。食べちゃだめなんだなbearingと思える。

誰が食べるか、バナナを持ってきてどうするかが問題なんじゃないが。じゃあ、別の一人称で言ってみたらどうだろう?

「俺様はバナナを持ってきた」

「吾輩はバナナを持ってきた」

「あちきはバナナを持ってきた」

「うちはバナナを持ってきた」

「わたくしはバナナを持ってきた」

どうだろう?。ちょっと珍しい言葉で書いてみたんだが。英語だったら全部"I brought a banana"だが、感じが違うでしょ?。だれが持ってきたのかイメージすると、

「俺様はバナナを持ってきた」
ジャイアンがバナナを持ってきた。

「吾輩はバナナを持ってきた」
ケロロ軍曹か猫がバナナを持ってきた。

「あちきはバナナを持ってきた」
貧乏長屋のかわいい娘がバナナを持ってきた。

「うちはバナナを持ってきた」
京都?の町娘がバナナを持ってきた。

「わたくしはバナナを持ってきた」
貴婦人がバナナを持ってきた。

と聞こえる。”I”なんだか、言い方を変えただけでこれだけ印象が変わる。印象と共に、場面も思い浮かばないだろうか?。ということは、場面に適応するような使い分が必要なわけだ。でないと、おかしい一人称の言い方と取られるかもしれない。

 先に英語は個人を大切にする言葉だと書いた。僕は、日本語は場に個人の感じをそぐわすために、いろいろと一人称の言い方があるのではないかと考えた。つまり日本語は、個人よりも”場”を重んじる言語なんではないだろうか。まあどんな場でも、”わたし”を使っておけば問題ないが。

自分のもろに表に出して主義主張を言う事も大切だが、自分をそれほど出さずに言う事は言うぞ~coldsweats01みたいのが、日本人としてぴったりなような気がする。熱いハートは持っているんだけど、それを表さず低姿勢で主張していくみたいな?。

”個性を大切に”なんて言われてますが、好き勝手にすることは個性ではないですね、それはわがままです。場に応じた行動をして、うまく社会生活を送っていきたいものですなconfidentnotesnailchickpenguinhorsedash

引用文献
ウィキペディア(2010) 一人称 2010年4月16日  (2010年4月24日)

|

« カニNICとubuntu | トップページ | Panasonicの3Dテレビ(3D VIERAのVT2シリーズ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/48165981

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の"I"と日本語の"わたし":

« カニNICとubuntu | トップページ | Panasonicの3Dテレビ(3D VIERAのVT2シリーズ) »