« 英語の"I"と日本語の"わたし" | トップページ | 毎日五時に起きてます »

Panasonicの3Dテレビ(3D VIERAのVT2シリーズ)

 普段あまりTVを見ない僕でも試してみたくなるほど、興味津々だった。 先日、ヨドバシカメラで3D映像を見た。置いてあったのは、PanasonicのVT2シリーズの「TH-P54VT2」というもの。メガネが置いてあって、実際にその映像を見ることができた。

 メガネを掛けてないと画面が少しずれているように見えて、それを通すと立体的に見えた(はず・・・)。最初は、SF映画に出てくるのホログラムみたいなのかな~と思ったが、画面からちょろっともりあがっている感じ・・・。ちと期待はずれcoldsweats01。スターウォーズエピソード4の3POがレイアの画像をオビワンに見せたときのようになるのかと・・・。まあでも、ちょっとは3Dに見えたし、これはこれで良さそうな感じ。でも、ちょっと気持ち悪くなったbearingdown。船酔いみたいな感じ?。僕だけかしら・・・。

 これから、映画、ゲームなんかも3Dになっていくんだろう。次のDSは3Dだ、なんて言われているし、映画もぼちぼち出てきている。どんなに技術がすすんでも、自分の目で見たリアルな世界の映像が一番であることは変わりないだろう。それとは違う価値観を持った"機械"が登場して、人々の感性をより豊かにすることには賛成だ。しかし、その人間には遠く及ばない機械に振り回されるのはごめんだ。うまく機械を利用して、うまく楽ちんに暮らしてきたいものだ。

Panasonicの「VT2シリーズ」のページ
http://panasonic.jp/viera/products/vt2/index.html

|

« 英語の"I"と日本語の"わたし" | トップページ | 毎日五時に起きてます »

mono(物)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/48186245

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonicの3Dテレビ(3D VIERAのVT2シリーズ):

« 英語の"I"と日本語の"わたし" | トップページ | 毎日五時に起きてます »