« スタバのインスタントコーヒーを飲む(「STARBUCKS VIA」) | トップページ | 「フェリックス・ティオリエ写真展」にいってくる »

SheevaPlug+をSDカードから起動してみる

 先日、秋葉原のヨドバシカメラで、東芝のSDHCカードを買ってきた。class10のやつで、これは早いのかな?coldsweats01。ubuntu serverに使うので8Gくらいあれば十分かな~と、その容量のを買う。SunDiskのもいいけど、日本の会社を応援してあげたいしねnote

 早速帰って、sheevaplugに刺してみる・・・。おや・・・向きが反対になるんだなcoldsweats01まあ機能すればいいけどね。認識からマウントまでは問題なくできた。参考にしたのは、

 のら犬にさえなれないさんの「SheevaPlug SDカードと内蔵フラッシュを疑似マルチブート」のページ。カーネルとルートファイルシステムのインストールは、「SheevaPlug+を直す」のページを見て下さい。ルートファイルシステムは、日経Linuxの3月号に付いていたDVDの、kurosheeva用のubuntuファイルシステムを使いました。

 のら犬にさえなれないさんのページのままで起動はしたんですが、僕のsheevaplugは環境変数の後に、ipアドレスとかを入れないとネットワークがうまく動きませんでした。そこら辺は前の記事に書いたとおりです。日経Linux付属のrootfsをSDカードに解凍して、ちょろっとシステムを設定したら、600Mくらいになってた。特集ページにかいてありましたが、これはHDD用とのこと。

 今のところ問題なく動いているみたいだなhappy01pcsweat01。僕的には容量も十分だし、これでしばらく運用してみよう。

|

« スタバのインスタントコーヒーを飲む(「STARBUCKS VIA」) | トップページ | 「フェリックス・ティオリエ写真展」にいってくる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/48573915

この記事へのトラックバック一覧です: SheevaPlug+をSDカードから起動してみる:

« スタバのインスタントコーヒーを飲む(「STARBUCKS VIA」) | トップページ | 「フェリックス・ティオリエ写真展」にいってくる »