« しそスパゲティーを作る | トップページ | 三年くらい付き合った彼女にはいいよ(100万円貸すかどうか) »

「ジョゼと虎と魚たち」を見る

N_601acbr10217pl
 なんというか、とても不謹慎ではあるんだが、この映画は池脇千鶴のおっぱいが見れるということで、前から知ってはいたcoldsweats01。それだけの目的で映画を見るほど暇ではないので(ほんとか?!)、何年も見てなかった。たまたま、画像掲示板をみてたら、「この映画の見所はおっぱいだけじゃない。話しとしてもいい映画なんだ」と書いてあった。ならば見てみるかと借りてみた。

 で、率直な意見、いい映画だったcryingheart04。池脇千鶴の胸が「日本三大がっかりおっぱい」なんていわれてるけど、普通じゃんかflairむしろ、こっちの方が良い・・・heart02と、それはいいとして、妻夫木聡が今時の大学生としてでてくるんだが、これがまたよくもてる。そして、エロイ事ばっかりしてる。これが普通の大学生なのか・・・僕はもてたことがないので、とっかえひっかえ女の子といたすlovelylovely、なんて分からんbearing。やたらとおっぱいが見れる映画だったような気がしたが、そんなにいらないんじゃないか?!。恐らく、いわゆる肉体関係を描かない純愛映画とは違う、よりリアルっぽい匂いのする純愛映画なんだよっていいたかったのかもね。エッチしないカップルなんて、今時いないでしょ?。純愛映画だって、それは愛の一部なんだから、見せていいと思うんだけどね~。

 あまりネタバレ的には書かないが、ジョゼ(池脇千鶴)は足が悪くて、外出時は乳母車に乗せられて出かける。人目を避けるように生きているんだが、貝の殻に閉じこもっているよう。”貝”は劇中の重要なキーワードなんだが、「いずれ『海の中を貝のように転がる』だけだ」と自身の未来を、辛さも悲しさも受動的に受け入れるだけなんだと語る。恒夫(妻夫木聡)が去るまでは、周囲に反発し働きかけるような能動的な気持ちはあるが、実際の行動としてはまさに全てが受身的な生活だった。これが、別れをきっかけにして、電気式の車いすを使い外へ出ていくような、自らの意思で行動するようになる。貝だって殻を閉じているときは動かないが、ホタテみたいにぱかぱかやって動く貝だっているわけだし。

 最後の方で、ジョゼが魚を焼いているシーンがあるんだが、これに意味があったんだろうか。僕は、別れた後でしばらく時間がやっていて、魚を焼いているときにふと恒夫の事を思い出したシーンなのかなと思った。雰囲気がだいぶ大人になっている感じだったので、そんな風に思った。魚というのも重要なキーワードなんだが、映画を見て欲しい。
 後、虎か・・・。虎自体にあまり意味はないと思えて、「この世で一番怖い物」(が虎)を好きな人と見に行くというのが重要なんだろう。受け入れるしかできない自分を、そういう猛獣からも好きな人に守ってもらいたいという、乙女心なんだろう。

 結局、恒夫はジョゼの元から逃げてしまうんだが、その直ぐで元カノと歩いている時に咽び、泣きぐずれる。ジョゼとは、ただの幼い恋愛をしただけだったんだろうか・・・好きという気持ちがあったとしても、ずっと一緒にいられるわけではないし。それに、別れてから、自分の本当の気持ちに気が付く事もあるし。このシーンで何をいいたかったのか僕にははっきりと分からないが、不安定な若者の心と交錯する現実みたいのを感じた。
 別れてはしまったが、二人はよい方向に成長していくことだろう。この映画は甘い恋愛の話しではなくて、やや苦くやや酸っぱい恋愛映画であった。


ジョゼと虎と魚たち
http://www.jozeetora.com/index_f.html

ウィキペディアの「ジョゼと虎と魚たち」のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%81%A8%E8%99%8E%E3%81%A8%E9%AD%9A%E3%81%9F%E3%81%A1

|

« しそスパゲティーを作る | トップページ | 三年くらい付き合った彼女にはいいよ(100万円貸すかどうか) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/48741818

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョゼと虎と魚たち」を見る:

« しそスパゲティーを作る | トップページ | 三年くらい付き合った彼女にはいいよ(100万円貸すかどうか) »