« モノクロブーのテンプレート提供終わってた(´・ω・`) | トップページ | 東京見物2010夏-その壱(日の出桟橋から浅草) »

ちょっと厚い文庫本をスキャンしてみる(DR-150で)

先日買ったCanonのドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-150」ですが、ぼちぼち便利に使ってますhappy01記事はこちら♪)。今回は厚めの文庫本をスキャンしてみることに。ページは400くらいあったかな。少林寺拳法の僧階レポートを書くために買った、「ブッダの真理のことば 感興のことば」(中村 元訳)というもの。お釈迦さんのことばが書いてある本なんですが、項目別に箇条書きっぽく書かれているので、スキャンして検索できたら便利そうflair。つうわけで、バラしてスキャンしてみました。

P1000426
まずバラします。ドライヤーでノリの部分を暖めると簡単にばらけると聞いたが、暖めが足りなかったかノリが溶けず。この前買ったコクヨのペーパーカッター「DN-3N」(記事はこちらを)で切れるページ数で、適当にカッターにて切断しました。10枚くらいは切れるみたいなで、まあそれくらいでカットしました。

剪断はそんなに難しくなくて、あぶないだけcoldsweats02気をつけて作業しなくてはなりませんね。机の上がごちゃごちゃだなcoldsweats01
P1000427
これでだいたい幅が揃ったので、スキャンします。

「DR-150」は20枚は一気に読み込めるので、それくらい入れてきます。
P1000428
重送したりするので、呼び込んだページ数くらいはチェックしないといけないですね。ほどんど呼び込みミスはありませんでしたけども。

これはモノクロの印刷物なんで白黒でスキャンすればいいんですが、僕はどうも黒と白というハッキリした物が得意じゃない(画面でまぶしいと、片頭痛の発作が起こる)。なので、グレースケールでスキャンしました。400ページくらいあったので、20ページずつ20回くらいボタンを押したかな。続けてスキャンもできますが、リスクヘッジのために20ページずつでファイルを作りました。急な停電とかデータ破損とかあると、今までの作業がおじゃんになっちゃうしね。あとはばらばらのファイルを一つのPDFにしていく作業です。僕はJUST Suite2008を買ったときに付いていた、JUST PDFというのを使いました。ワープロは一太郎が好きなんでhappy01

これで無事にお手製の電子書籍ができました~pcbook。この本はブックオフで安く買った本だから躊躇なくばらばらにしちゃったけど・・・。キレイな本だったらどうだろうな~bookshinebearing。本棚が空く、電子化して検索かできるようになるって利点はあるんだけどね~。

|

« モノクロブーのテンプレート提供終わってた(´・ω・`) | トップページ | 東京見物2010夏-その壱(日の出桟橋から浅草) »

mono(物)」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/49081557

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと厚い文庫本をスキャンしてみる(DR-150で):

« モノクロブーのテンプレート提供終わってた(´・ω・`) | トップページ | 東京見物2010夏-その壱(日の出桟橋から浅草) »