« 身振り手振りで | トップページ | iPod touchの画面 »

順手と逆手の鈎手

この前、新井先生から教えてもらったんだが、鈎手の際に、順手で取られたときは上げるように崩しをして、逆手で捕られたら下げて崩しをせよとのこと。そいや、10年くらい前の講習会でも同じ事言われたな~coldsweats01スッカリ忘れてたよ。

先輩に順手と逆手の事を聞いたら、順手は寄抜とか小手抜、巻抜なんかの握られ方で、逆手と言うのは十字小手とか小手巻返とかの握りらしい。定義はなんなのか・・・と疑問になったんだが、逆手は後からでも握れる握り方らしい。試せば分かるが、後から寄抜や小手抜を捕るのはほとんど不可能だ。もっと別の解釈があるかもだけど、僕はこれで覚えることにした。

|

« 身振り手振りで | トップページ | iPod touchの画面 »

少林寺拳法」カテゴリの記事

オレ様的メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/49786996

この記事へのトラックバック一覧です: 順手と逆手の鈎手:

« 身振り手振りで | トップページ | iPod touchの画面 »