« 電車の識別名みたいなのの意味(クハとかモハとか) | トップページ | カツオのお刺身だな »

シンクライアントをやってみる

 僕がやったのは、軽いlinuxで起動して、リモートデクトップを使ってサーバーに接続するというもの。windowsのサーバーがあれば、ぼろいPCでも快適に使えるというわけ。参考にしたのは、 Znetj.comさんの「シンクライアント無償ダウンロード」という記事。ブートイメージもあって、すぐに試せたnote。Thinstationというフリーソフトを使っているらしい(http://www.thinstation.org/)。

 一番大変だったのは、windowsサーバーのTFTPの設定・・・。こちらは@ITさんの「tftpサービスを起動する」という記事を参考にした。RISが使える状態ならtftpサービスは動いているみたいだが、僕はまずここからやった。ftpサービスを動かすのは簡単だったんだが、TFTPルートにクライアント導くのがわからなくて・・・。

 LinuxのTFTPDとかでやってる人は、DHCPサーバーの設定を変えているようだった。では僕もそれを設定するかと、windowsサーバーのDHCPをいじってみた。すると、”066 ブートサーバーホスト名”とか”067 ブートフォルダ名”とかいう項目を設定。そしたら、無事に起動したhappy02pc

 いやはや、便利便利pcnoteHDDが付いてないマシンで、windowsのデスクトップが写るって結構感動flair。まさに端末って感じ。これだったら、ぼろいノートとか買ってきてつなげればいいな~。サーバーに負担がかからない程度にしないとな。

|

« 電車の識別名みたいなのの意味(クハとかモハとか) | トップページ | カツオのお刺身だな »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/49673976

この記事へのトラックバック一覧です: シンクライアントをやってみる:

« 電車の識別名みたいなのの意味(クハとかモハとか) | トップページ | カツオのお刺身だな »