« 武専で横須賀海軍カレー?を食べる | トップページ | 「裁判所としては、控訴を勧めたい」の言葉について »

山崎校長のBBC理論の講義を受ける

 少林寺拳法の拳士の間では、聞いた事がない人はいないんじゃないだろうか。直に講義を聞けたので、記事を書いてみようと思う。まず、BBCとは“ボディーバランスコミニュケーション”ですが、何をコミニュケーションするかといえば、魂と魂が通じ合うことなんですな。少林寺拳法は宗教団体でもありますから、魂の作用とか言ってもいいと思います。あぶない宗教団体と違って、これで大金を取るとかはありませんcoldsweats01dollar

 で、どうやってコミニュケーションするかということですが、相手に触れる事(相手が触れてくるとも)で気を頂いて、そして送り返すというような感じ。書くとさっぱりだと思うけど、これが全てだと思う。“気を頂く”というのは受け取ることでありますが、このときに気の流れを堰き止めるように反発をしてはいけないわけなんです。魂と魂を疎通させることで、相手とこちらが同調して、技を掛けたり、身心を調整したりするわけです。

 気は、手で触っているなら、手→肩→腰→膝→足→地球というように、電気工事のアース接地のように流していくわけなんです(イメージの話し)。これは受け取るときで、相手にお返し(復讐ではありません!)するときは逆に相手に同じ経路で流していくわけです(イメージです)。すると、抵抗なく力をさばけて、相手を倒すこともできるというわけですcoldsweats01僕はあまりできないので、ほんとかなsweat02と半信半疑でありますが。

 少し書きましたが、BBCには身心調整効果もあるらしく、剛法・柔法・整法を同時に行えるという利点もあるようです。従来は剛法や柔法で痛めた体を、整法によって直していくというのが通例でした。しかし、このBBCでは、痛めつけるように技をかけるのではなくて、心の調和によって相手を征して体も健康にしていくというものみたいです。うーん、難しいcoldsweats02。これが広がって、ついには人々全員が調和して平和な世界を創るってうのが、金剛禅的な最終目標みたいです。それがダーマの分霊を持っている人間の指命なんだとか。

 なんとも凄い理論なわけですが、英国連盟の水野先生を除名してしまうような本部のやり方は、本当に調和してるなんていえるんでしょうかね~アハ。最近だと、滋賀県連だっけ?どこかの道院長が別派活動し始めて、破門にしたりと・・・調和ね~sweat02。そのおかげで、滋賀で全国大会が開けず、急遽神奈川でやることに決まったみたいだし。大丈夫なんかね~少林寺拳法・・・。夢は大きく、現実は小さくなんて言いますしねcoldsweats01。僕的なまとめとして、BBC理論は納得できるところもあるけど、本部のやり方には全く同意できないという感じかな。双円が泣いてるぜ!!crying調和と同調しなきゃいけないのはあんた達なんだよflair

|

« 武専で横須賀海軍カレー?を食べる | トップページ | 「裁判所としては、控訴を勧めたい」の言葉について »

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/50035504

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎校長のBBC理論の講義を受ける:

« 武専で横須賀海軍カレー?を食べる | トップページ | 「裁判所としては、控訴を勧めたい」の言葉について »