« 拡張スライドパッドが来る | トップページ | MH3Gのすれちがい通信 »

閂や捕り系の技を掛けるときに(尺骨神経)

 先日の武専で習ったんだが、閂とか捕りをとるときは、極める前に少し極める方向とは逆に手首を開かせて、そのすきに指などを当てがって極めた方が良いようだ。尺骨神経がどうのこうのと言ってたな。尺骨の反対は橈骨かflairこの先生の決め方は、いわゆる閂的な極めじゃなくて(橈骨神経が伸びて痛い?)、尺骨が圧迫されて痛いような感じだった。そいや、「橈骨攻め」なる圧法もあったな。帰ったら復習しようhappy01

ウィキペディアの「尺骨神経」のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BA%E9%AA%A8%E7%A5%9E%E7%B5%8C

|

« 拡張スライドパッドが来る | トップページ | MH3Gのすれちがい通信 »

少林寺拳法」カテゴリの記事

オレ様的メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/53527889

この記事へのトラックバック一覧です: 閂や捕り系の技を掛けるときに(尺骨神経):

« 拡張スライドパッドが来る | トップページ | MH3Gのすれちがい通信 »