« 伊藤塾の行政書士公開模擬試験(中間)を受けてくる | トップページ | ガリガリ君の当たり♪ »

母の「急性緑内障発作」のその後

以前、母が別の病気で入院中に、「急性緑内障発作」になってしまったと書きました。あれから三ヶ月、「眼圧を下げる目薬」を差して、治療してきました。途中、ムカデみたいな物が無数に見えて気分が悪くなったり、目が見えないストレスで軽い鬱病になったりして、とてもかわいそうでしたcryingそれらは、目薬の治療や抗うつ剤などでよくなって、今では日常生活にそれほど支障なく暮らせています。多少ぼやけているみたいですが、前みたいに全く見えないということはないようです。

発作になる前から、ちょっと白内障の気があるとは言われてました。で、だいぶ目の調子もいいみたいなので、まずはよい方の目から白内障の手術をしないかと言われたみたいです。白内障の手術をすると急性緑内障発作の予防にもなるようで、片方に発作が出た人はもう片方がまともなうちに予防的に手術をしてしまうそうです。それから、もう片方の悪くなった方の目をやるそうです。

昨日よりもよく見えているなら、明日は今日よりもっとよく見えるはずだ」そう信じて。

|

« 伊藤塾の行政書士公開模擬試験(中間)を受けてくる | トップページ | ガリガリ君の当たり♪ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/55514343

この記事へのトラックバック一覧です: 母の「急性緑内障発作」のその後:

« 伊藤塾の行政書士公開模擬試験(中間)を受けてくる | トップページ | ガリガリ君の当たり♪ »