« サントリー「ザ・ロイヤル・ビター」(コンビニ限定) | トップページ | 最高の供養とは、思い出すこと »

「片手閂投」から「押閂投」(内外)と「閂内天秤」「閂外天秤」への連携

長ったらしい題名ですがcoldsweats01。皆さんご存じの「片手閂投」ですが、そこからの連絡変化の話です。この技は両手で握って掛けますが、相手の手を取るときに、最初に自分の左右の手のどちらを使って握っていくかは決まってないと思います(いずれは両手で握ります)。それで、まだ片手でしか握れてないときに、相手が逃れようとしたときとか変化したときに、内側に入るのか外側に入るのか分かれるというわけです。

例えば、相手と向き合っているとき、自分の右手で相手の右手を取ったとき、相手が腕を曲げれば「押閂投外」に、腕が伸びたときは自分の左手で天秤を効かせて「閂外天秤」を掛けるわけです。左手で相手の右手を取った場合は、腕を曲げてきたときは「押閂投内」、伸びたら「閂内天秤」を掛ければよいわけです。こうすると、技の切れ間がなくなって、より相手を倒しやすくなりますねflair

当然、「片手閂投」がかかりそうだったらかければいいし、「閂片手投」とかやってもいいと思います。まあ、上に上げたような変化で掛ける場合は、多少握りの手を変えなくてはいけないと思いますがねcoldsweats01。最初から「押閂投」などを狙って行く場合とは違いますから。

この話は近隣の先生から聞いたのですが、とても参考になって、技の整理にも役だったので、良く覚えているわけです。皆さんお試しあれ~note

|

« サントリー「ザ・ロイヤル・ビター」(コンビニ限定) | トップページ | 最高の供養とは、思い出すこと »

少林寺拳法」カテゴリの記事

オレ様的メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/55878678

この記事へのトラックバック一覧です: 「片手閂投」から「押閂投」(内外)と「閂内天秤」「閂外天秤」への連携:

« サントリー「ザ・ロイヤル・ビター」(コンビニ限定) | トップページ | 最高の供養とは、思い出すこと »