« 食パンで牛肉コロッケサンド(ある日の朝食-その四) | トップページ | シーズコアのペリペリソルト詰め合わせをもらう♪ »

寄抜と閂の極め

先日、武専の派遣教員が面白い事を言ってたので、メモpencilcatfacenote。珍しく質問しちゃった。少林寺拳法ではポピュラーな「寄抜」ですが、抜くときに相手の手を殺して抜くと思います。それで、より小指側の手首の方が折れやすいので、それを意識してすこーし回転させるように抜くわけです。

それがなんで閂かっていうと、例えば相手の左手を、こちらの右手で握ったとき、そこから閂を極めようとします。まあいろいろ決め方はあると思いますが、先ほどの寄抜の殺しの様に手首を曲げさせて、反時計回り方向に回して極めるとよく効くというもの。

手首を押し込むとそれはそれで痛いと思いますが、閂的な極めではないですね。少し回転(小指側を押し込むように)させてやると、楽に閂的な極めになっていくという事です。この方法で押切抜にも応用できるらしくて、相手の手を外側に押しのけるまえに、肘を入れて寄抜の要領で緩めるといいみたいです。

講師は、木葉系の技をやってて閃いたと言っていたflair。確かに木葉送り的な極めともいえる。また、寄抜には逆技がないので、いろいろ考えたなんてなことも。

あまり深くは聞けなかったので、まあこの辺で・・・coldsweats01

|

« 食パンで牛肉コロッケサンド(ある日の朝食-その四) | トップページ | シーズコアのペリペリソルト詰め合わせをもらう♪ »

少林寺拳法」カテゴリの記事

オレ様的メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/56338085

この記事へのトラックバック一覧です: 寄抜と閂の極め:

« 食パンで牛肉コロッケサンド(ある日の朝食-その四) | トップページ | シーズコアのペリペリソルト詰め合わせをもらう♪ »