« ことずて(薬師池公園のつばき) | トップページ | アサヒの「ROYAL PILS」ってビール »

MSIの「RC410M」というマザーボードのコンデンサを換えてみる

先日は古いPCが動かなくなったと書きましたが、どうもコンデンサの不良っぽかったので、新しいのに換えてみる事に。

1
これが問題の不良コンデンサで、TEAPOって会社のSMシリーズのもの。容量は1000μFで電圧は6.3V。これと同じコンデンサだけがダメだった・・・。合計で六個、妊娠したり液漏れしたりしてた。これを、千石電商オンラインショップでマザーボード用って載ってた、ニチコン HZシリーズに換えてみました。同じ容量のがなくて、1200μF(電圧は同じ)のものにしてしまったcoldsweats01まいっか。

持っていたはんだこては鉛フリーのはんだは溶かせないっぽくて、新しく買ったHAKKOの「FX600-2」で作業してみました。なにか溶けたか溶けないか見た目はよく分からなくて困ったんですが、なんとか古いのは取り外せました。

4
左が古いので、右が新しいのです。コンデンサは外せたんですが、今度は古いはんだを吸い取れなくて参ったweep吸い込ませるやつでもだめで、いろいろやって穴に新しいのを通るようにしました。

で、六個新しいのに換えたところ・・・画面がでないcrying同じじゃんかよ?!と泣きたくなりましたが、グラフィックボードを差して、それから出力させたところ、動いたsign03happy02。どうも、内蔵のVGAが死んでるらしい・・・。これはこれで問題なんだが、グラボさせば大丈夫なんで、まあいいやcoldsweats01

|

« ことずて(薬師池公園のつばき) | トップページ | アサヒの「ROYAL PILS」ってビール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/57330202

この記事へのトラックバック一覧です: MSIの「RC410M」というマザーボードのコンデンサを換えてみる:

« ことずて(薬師池公園のつばき) | トップページ | アサヒの「ROYAL PILS」ってビール »