« キヤノンの「写真用紙・微粒面光沢 ラスター」を買ってみる♪ | トップページ | 代替機(EOS-1D X) »

後襟捕の裏と表その後(少林寺拳法)

以前に「後襟捕の裏と表(少林寺拳法)」という記事を書いたんですが、またモヤモヤしてきたんで、ちょろっと調べてみました。問題なのは“裏”の方。“表”は教範に書いてあるから迷いはないんだけどcoldsweats01

技的には前回書いたような関係でいいみたい。

・自分が左前で、相手が右手で後襟を捕ってきたら(後襟捕表)
刈り足を警戒しながら反時計回りに回転、当て身
右手で掛け手、左の肩を被せるように捕りを決める。

・自分が左前で、相手が左手で後襟を捕ってきたら(後襟捕裏)
刈り足を警戒しながら反時計回りに回転(相手の裏に位置する)、当て身
左手で掛け手
右の腕刀で天秤を攻める

後を捕られると、相手が左右どちらの手で取ってきているか分からないから、二通り必要との事。で、裏の方はもう一法あって、振り向いて、相手の腕の下をくぐって、自分の右手を上から巻ながら、後首投げを掛けていくという方法もあるようだflair。どちらかというと、後首投げの変化って感じです。まあ、天秤を掛ける方法も、別の名前が付くような技だと思うので、技の名前はともかく、内容は何でもありって事かも。でもな、くぐっちゃうと相手の表側に入るから、後襟捕裏にならないような・・・。なんか間違ってる気がしてきたbearing

|

« キヤノンの「写真用紙・微粒面光沢 ラスター」を買ってみる♪ | トップページ | 代替機(EOS-1D X) »

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/57515888

この記事へのトラックバック一覧です: 後襟捕の裏と表その後(少林寺拳法):

« キヤノンの「写真用紙・微粒面光沢 ラスター」を買ってみる♪ | トップページ | 代替機(EOS-1D X) »