« 女心と秋の空-その弐 | トップページ | ウルトラマンのスペシューム光線(少林寺拳法) »

新たなる挑戦(少林寺拳法の一本背投の受身)


ちょっとまえに「adidasの『adipure trainer』を買ってみる♪」と書きましたが、このトレーニング用の靴を履いて少林寺拳法の練習をしてみようかなと書きました。なぜか?それは、一本背投げの受身の練習をしようと思ったからなんですcoldsweats01。実は、僕はこれをほとんどやったことがありませんweep少林寺拳法を始めてから20年以上経ってますが、一度か二度・・・。なぜか??それは、入門した道院の天井が低くて、できなかったからなんです。動画に載せたようなことをやりたいんですが、こういうのはある程度若いうちにやっておかないと、オッサンになってからじゃ辛いモノが・・・。通常の前受身とか大車輪受身なんかも、いつまで経ってもできない人もいるよね。それは才能とかじゃなくて、若いときに訓練しなくて運動神経が発達しなかったからなんではと思う。というわけで、僕もオッサンから一から始めるものは辛い訳なんです。

急になんで始めようかと思ったかというと、武専の研究科卒業演武で上受天秤投が入っていて、これは受身ができないとかっこわるいなと思ったからなんですbearing。で、なんでトレーニング用の靴が必要かというと、今は中学校の格技場で練習しているので天井の問題は解消されているんですが、床が板の間なので下手くそに受身をすると、足を痛めるという弊害があるからなんです。マットを敷くことはできないので、じゃあ足を保護するかflairということで靴を買ってみたわけです。マットがあれば、足の裏も痛くないんだけどね~。まだ下手くそなんで、何度もやると受身ができるようになる前に、足がおかしくなってしまうsweat02

とにかくやってみるかいなpenguindash

|

« 女心と秋の空-その弐 | トップページ | ウルトラマンのスペシューム光線(少林寺拳法) »

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/58344688

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる挑戦(少林寺拳法の一本背投の受身):

« 女心と秋の空-その弐 | トップページ | ウルトラマンのスペシューム光線(少林寺拳法) »