« バーバリー・ブリット(香水) | トップページ | サントリーの「デリカメゾンデリシャス 白」を買ってみる♪ »

「P2V」を「VMware vCenter Converter」でやってみる-その弐

先日は「『P2V』を『VMware vCenter Converter』でやってみる-その壱」と書きましたが、今回はその弐ですhappy01。仮想化するのに小一時間かかると書きましたが、結局10時間くらいかかってしまったsleepy

201311221
実行時間が6時間とかなってますよね?。これが終わると仮想化したファイルができるわけです。次にこれをVMWare Playerで実行するわけですが、なんかXP起動中の画面の後でログイン画面になるはずですが、真っ黒にcrying。起動中の画面はでるんで、完全にだめってことはないだろうと、F8押してセーフモードで起動。すると、画面も出てきて、ある程度設定もできたhappy02。どうも、もうないはずのグラフィックアダプタとかが有効になってるらしくて、それで画面が表示されてないようす。セーフモードではそのドライバとかアプリを削除できなくて、どうするかと悩んだ。で、もう一度セーフモードの選択画面にしてみると、“VGAモードを有効にする”って起動オプションを発見flair。今度はこれで起動。そして、無事に動いたcryingヤッタ。

それから、そのVGAモードで、いらないグラフィックとかビデオアダプタとかを消しました。すると、ちゃんと動くようになりました。こんな感じで動いているんです。そして、ある程度まともに動くようになってから、VMWare Toolsを入れてみました。
201311222
こちらも無事に入って、ユニティモードとかでも起動できるように。ヨカッタヨカッタnote

しかし、ここに至るのに、一度全く起動しなくなってしまったので、最初に作った仮想化したファイルからやり直したという経緯があります。時間をかけて作った仮想化ファイルだったので、バックアップとしてとっておいたのです。ヨカッタ・・・。

これから設定していこうかと思っています。仮想化の一番の目的だった、U/KITという設備CADを動かすというのがあります。このCADはとてもすばらしいんですが、フソウシステムって会社が作ったんですが、ダイテックとかいう糞会社に買収されちゃって、それからダメダメにpoutそのクズ会社のダイテックについてはその内・・・。

|

« バーバリー・ブリット(香水) | トップページ | サントリーの「デリカメゾンデリシャス 白」を買ってみる♪ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/58621576

この記事へのトラックバック一覧です: 「P2V」を「VMware vCenter Converter」でやってみる-その弐:

« バーバリー・ブリット(香水) | トップページ | サントリーの「デリカメゾンデリシャス 白」を買ってみる♪ »