« ぶたっくす「川崎市制90周年」バージョン | トップページ | 箱根登山鉄道2014 »

「二段抜き」の逆技が「押小手」か?

先日、初段の方に、「二段抜き」の逆技は「押小手」ですか?と聞かれて、あまりはっきりと答えられなかったcoldsweats02。これではいかんと調べたんだけど・・・。以前はそのような事を聞いたことがあったんだけど、そもそも「押小手」をかけるような状況って、「二段抜き」とは違うよね?。逆技と呼べるかわからんが、「二段抜き」がさらに進むと、「肘抜きより前天秤」なんてのがあるしね。

両手を丁字で攻められたとき、丁字守法で守って「押小手」を掛ける。そらわかってるbearing。じゃあ、“両手を丁字で攻められたとき、丁字守法で守って”、ここから抜く技ってなんなのさ??って事。「二段抜き」っぽい抜き方を両手でやるのか、「打抜」みたいに抜いちゃうのか?!。

結局、よくわからんかった。もうちょい教範を調べてみるかな。

|

« ぶたっくす「川崎市制90周年」バージョン | トップページ | 箱根登山鉄道2014 »

少林寺拳法」カテゴリの記事

オレ様的メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/60031328

この記事へのトラックバック一覧です: 「二段抜き」の逆技が「押小手」か?:

« ぶたっくす「川崎市制90周年」バージョン | トップページ | 箱根登山鉄道2014 »